読み込み中 . . .
中止
分類・学名 タテハチョウ科、Hypolimnas missippus
大きさ・色・形 羽を開くと6~7cm。雌はカバマダラそっくりですが、雄は黒地の羽に大きな白斑が目立ちます。
食草 スベリヒユ
その他 日本では八重山諸島、沖縄諸島、九州などで姿を見られる迷蝶です。雌は有毒のカバマダラに擬態して身を守っていると考えられています。
説明文ON/OFF

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する