読み込み中 . . .
中止
分類・学名 チョウ目タテハチョウ科、Danaus chrysippus
大きさ・色・形 羽を広げて6~7cm。羽は全体的にオレンジ色で、黒地に白の水玉模様があります。雄は後翅の裏側中央に立体的に見える黒い模様があります。日本に分布するマダラチョウ亜科のなかではいちばん小さいチョウです。
食草 トウワタ・フウセントウワタなどのガガイモ科の植物
その他 食草に含まれる毒を体に蓄えることで身を守っています。ツマグロヒョウモンやメスアカムラサキのメスには毒がありませんが、カバマダラに擬態して身を守っていると考えられています。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する