分類・学名 チョウ目アゲハチョウ科、Pachiliopta aristrochiae
大きさ・色・形 羽を広げると8cmほど。後翅の中央に大きな白斑があり、それを取り囲むように赤-ピンク色の斑点が並んでいます。体も鮮やかな赤色をしています。
食草 ウマノスズクサなど
その他 食草のウマノスズクサに含まれる毒を体にためて、敵から身を守っています。もともと日本にはいませんでしたが、地球温暖化の影響で、日本にまで分布を広げたと考えられています。

履歴

喜如嘉山学校 さんが 説明文の 分類・学名 を編集しました チョウ目アゲハチョウ科、Pachiliopta aristrochiae
2016.01.28 04:59
喜如嘉山学校 さんが 説明文の 大きさ・色・形 を編集しました 羽を広げると8cmほど。後翅の中央に大きな白斑があり、それを取り囲むように赤-ピンク色の斑点が並んでいます。体も鮮やかな赤色をしています。
2016.01.28 04:59
喜如嘉山学校 さんが 説明文の 食草 を編集しました ウマノスズクサなど
2016.01.28 04:59
喜如嘉山学校 さんが 説明文の その他 を編集しました 食草のウマノスズクサに含まれる毒を体にためて、敵から身を守っています。もともと日本にはいませんでしたが、地球温暖化の影響で、日本にまで分布を広げたと考えられています。
2016.01.28 04:59
喜如嘉山学校 さんが 説明文に 分類・学名 を追加しました 説明本文を入力
2016.01.28 04:52
喜如嘉山学校 さんが 説明文に 大きさ・色・形 を追加しました 説明本文を入力
2016.01.28 04:52
喜如嘉山学校 さんが 説明文に 食草 を追加しました 説明本文を入力
2016.01.28 04:52
喜如嘉山学校 さんが 説明文に その他 を追加しました 説明本文を入力
2016.01.28 04:52
喜如嘉山学校 さんが ナガサキアゲハ の子に追加しました
2016.01.26 09:43