読み込み中 . . .
中止
大きさ 体長:19~23 mm
全国分布 日本各地
学内分布 全エリア
季節 春・夏・秋
希少度
特徴 花の蜜と花粉を餌としており、コロニー(群)で生活する社会性のハナバチです。胸部は黄褐色の腹部は黄褐色と黒色のふさふさとした毛で覆われています。全体的に丸みを帯びており、コロコロとしています。幼虫期の餌の量によって体長が決まるため、春先のコロニーができ始めの時期に羽化した個体は小さいことが多いです。口吻が長く、サクラソウやツリフネソウなどに訪花しています。
説明文ON/OFF

履歴

玉川大学 生物自然研究部 さんが 説明文に 大きさ を追加しました 体長:19~23 mm
2018.03.03 13:45
玉川大学 生物自然研究部 さんが 説明文に 全国分布 を追加しました 日本各地
2018.03.03 13:45
玉川大学 生物自然研究部 さんが 説明文に 学内分布 を追加しました 全エリア
2018.03.03 13:45
玉川大学 生物自然研究部 さんが 説明文に 季節 を追加しました 春・夏・秋
2018.03.03 13:45
玉川大学 生物自然研究部 さんが 説明文に 希少度 を追加しました
2018.03.03 13:45
玉川大学 生物自然研究部 さんが 説明文に 特徴 を追加しました 花の蜜と花粉を餌としており、コロニー(群)で生活する社会性のハナバチです。胸部は黄褐色の腹部は黄褐色と黒色のふさふさとした毛で覆われています。全体的に丸みを帯びており、コロコロとしています。幼虫期の餌の量によって体長が決まるため、春先のコロニーができ始めの時期に羽化した個体は小さいことが多いです。口吻が長く、サクラソウやツリフネソウなどに訪花しています。
2018.03.03 13:45
玉川大学 生物自然研究部 さんが 脊索動物門 の子に追加しました
2018.03.03 13:45