読み込み中 . . .
中止
大きさ 開帳:70~90 mm
全国分布 日本各地
学内分布 聖山エリア・農場エリア
季節 春・夏・秋
希少度
特徴 アゲハチョウ科の中で、最も一般的な種です。特徴は、黄白色に翅脈に沿って黒色の模様が見られ、後翅には青色や赤色の斑紋が見られます。平地~低山地に生息しており、サンショウ類、ハマセンダン、ミカン科を食草にしています。成虫は日中、明るい樹林を飛行し、ツツジ類やアザミ類などの花に訪れます。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する