大きさ 体長:17~54 mm
全国分布 北海道・本州・四国・九州
学内分布 農場エリア
季節 春・夏・秋
希少度
特徴 全身は黒く、全体的に艶消し、雌の前胸には光沢があります。臆病な性格で、個体差はありますが一般的に戦いを好みません。小型の個体では大あごの内歯は消失します。日本のクワガタムシの中では最も普通に見られる種類で、学内でも比較的簡単に採集することが出来ます。主にクヌギやコナラなどの樹液に集まり、灯火にも飛来します。

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。