読み込み中 . . .
中止
大きさ 体長:40~82 mm
全国分布 日本各地
学内分布 農場エリア
季節 夏・秋
希少度
特徴 日本国内にて多くみられる普通種です。特徴的な頭部の形状は草をかき分け易くするためと言われています。オスは飛ぶ際に「キチキチ…」といった音を出すため、本種を指してキチキチバッタと呼ぶ人も居ます。メスはオスと比べて極端に大きく、国内のバッタの中では最大級を誇ります。体色は緑~褐色各々に模様アリとナシの4パターンがあり、周囲の環境に適応した結果と考えられます(写真はメス模様ナシ個体)。玉川学園内においては7月以降、草木の茂る処に多く見られます。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する