読み込み中 . . .
中止
大きさ 体長:50~70 mm
全国分布 本州・四国・九州・南西諸島
学内分布 農場エリア
季節 夏・秋
希少度
特徴 体全体が幅広いカマキリで、体色は黄色がかった緑色のものが多いですが、紫褐色の個体もいます。前翅の両側に白い斑紋があり、前脚の付け根付近には3個の白く小さい突起があります。樹上性の傾向が強く、低木の上などで見られることが多いです。卵嚢は褐色で、木の幹や小枝に産み付けます。幼虫は腹の先を上にそらしていることが多いです。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する