読み込み中 . . .
中止

ヌマガレイ

Platichthys stellatus (Pallas, 1787)

分布 福井県・茨城県以北。
特徴 カレイ科魚類の中では、河川へ進入する頻度の高い種であり、稀に中流域にまで溯上することもある。北海道ではの特異的な生態から「カワガレイ」と呼ばれることが多い。カレイ科魚類は普通、腹を手前側に置くと、有眼側は目が右に位置する。そのため、「左ヒラメに右カレイ」という見分け方が紹介されることが多い。しかし、本種はヒラメと同様、目が左に位置することが多い、例外的な種である。朱太川では下流域までの砂地で普通に見られる。
焼・煮・揚
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する