ヌマチチブ

Tridentiger brevispinis Katsuyama, Arai & Nakamura, 1972

分布 北海道〜九州。
特徴 河川の流れが緩やかな環境に生息する。産卵は夏頃に行われていると思われる。孵化した仔魚は、海へ降り、やや成長して稚魚になった晩夏から秋頃にかけて河川を溯上する。胸鰭基部に迷路状のオレンジ色の斑紋があり、鰓蓋には明色の円斑があることなどが特徴。朱太川水系では、河口域から下流域にかけて多く生息しており、中流域では少ない。
焼・揚・佃煮

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。