読み込み中 . . .
中止

ビリンゴ

Gymnogobius breunigii (Steindachner, 1879)

分布 屋久島以北。
特徴 アシシロハゼと同様、汽水域を生活の拠点とする。春から初夏にかけての産卵期のオスの体色は黒ずみ、婚姻色を呈する。産卵の際には、オスが河川の砂泥底に穴を掘るか、他の生物が掘った穴を利用して営巣し、メスを呼び込む。メスは卵を孵化するまで保護する。本種と形態のよく似たジュズカケハゼも、その分布域から朱太川水系に生息していると考えられるが、記録されていない。その生息場所は河川下流域から中流域にかけての葦原である。現在、朱太川水系はそのような環境が乏しく、ジュズカケハゼは絶滅した可能性もある。
揚・佃煮
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する