読み込み中 . . .
中止

記事一覧へ戻る

皆さんに読んでほしい

[ 記事No.6401 ]
25件のコメント
皆さんに読んでほしい
http://www.birdimages.jp/essay/ezuke.htm...
これを読んで、どう感じるか、何事も知ることが大切だと思います。
あとは写真を撮るか、野鳥の立場になって考えるかの2者択一です。
アカヒゲさんの意図を深読みしてしまいますが…(笑)

おとんさん
>十人十色、みんな違ってみんないい、
色んな意見があると思います。

そこは違うと思いますけどね(笑)。

いかに人間が自らの欲望に弱いか。可愛いから、美しいから、(自分が)癒されるから…それでいいのか。(ペットとしての命ならそれは許されるでしょうね)
この部分を「価値観が違う」と評するのは誤りです。
自分勝手な人が多い、人間は本質として利己的という現実があるだけです。もちろん自分も含めての話です。

アカヒゲさんの意図を誤解していたら申し訳ないですが、
強引は承知ですが【ここ一週間の最多いいね!の数】>【このトピへの賛同コメント人数】だと推測します。

自分の起こしたトピ https://zukan.com/jbirds/question/6152 や、
https://zukan.com/jbirds/question/6355 とも通底していると思ってます。

ちなみに自分は手乗りヤマガラ、シジュウカラ大好きですが、最近は彼らに「あんた、知らない」とそっぽを向かれることがほとんどです。自然はそれがあるべき姿だと身に染みています。
いや、違わないと思いますが。
アカヒゲさんの添付されたリンク先の文章が掲載されたバーダーも読んでました。

私は極端な人間なので餌付け、ヤラセ撮影はすべてNGと考えてそれを実践しています。ですから春秋の渡りの時期の大阪城公園(だけではないけど有名な都市公園)なんかに行くと撮影できる野鳥・場所が本当に限られてしまいます。
今そんな餌付けやヤラセ撮影をしている連中はそれが野鳥にとってよくないことというのはわかっていてやっているんです、確信犯です。自分たちがいい写真(と思っているだけ)を撮ることができればその野鳥が後どうなろうが知ったことではないんです、次の情報を得て次の被写体探しをして日本中、いや海外へもでかけてブログや投稿サイトにアップしたりするのが生きがいなんです。
餌付けをしてみんなが撮影している最中の野鳥にノラ猫が襲いかかって咥えてもっていくなんてことはよくあることです。そのシーンを写真に撮ってアップしたりしているんです。
そういったことを咎めても絶対にやめません、だからこれから野鳥を観察・撮影を始めようとしている方に私は「都市公園・自然公園・河川などで餌付けやヤラセ棒・ヤラセ水場を作ったり三脚を立てて長時間陣取ることは法律に反している」と一応言っています。管轄するところから許可をもらわないと都市公園法・自然公園法・河川法の不当な占用ということに該当するということを説くようにしています。
私はそこら中で見かけるヤラセ棒を撤去しています。小競り合いにもなりますがその時はこの理屈で押し通しています。
とにかく相手は野鳥、命のあるものですから。人同士の理屈なんて通用しないと思ってます。
おとんさん、
私の考え方は、おおむね同じだと思います。

まず、某大学教授の取組、
単純に公園内に棲む生き物たちを多くの人達に知ってもらいたいと願っての試みならば、大変意義あることだと思います。ましてヒクイナが手から餌を食べるようになるには並大抵のことではないですし、野鳥を手名付ける術をもっているのだと思います。
では私がその場所でヒクイナやカワセミの写真を撮るかといったら、撮りません。

「鳥はお腹が膨れる、人はいい写真が撮れる。 どっちにしてもいい事じゃん」
については、私の考えでは野鳥写真ではないと思っていますが、それを良しとしている方を否定するものではなく、別の目的をもっているのだと諦めています。ただし私が通う観察地では、”撮影目的での餌付けや音声による誘引”は断固お断りしています。当然見かけたら注意します。

「ルール、マナーを守らず撮った写真は駄作。 駄作を撮る者は下手糞。
ルール、マナーを守り鳥に撮らせてもらう事を感謝するのが真の上級者」
これについては、何のために野鳥写真を撮るのかの問題なのだと思います。
私はいわゆる図鑑写真を第一にしていますので、出来るだけ接近した状態での撮影を試みるため、野鳥がやってきそうな場所を予測し、そこにジッとして近づいてきた時に撮るスタイルが基本です。観察時にもう少し近づけると感じたら、少しづつ間をつめます。草陰や木影など天然のブラインドは利用しますが、三脚やいわゆる幕を張っての撮影は長時間その場所を独占することにもなりかねず、使いません。

yama-g60 さん
深読みしすぎだと思います。
ただ、最近の投稿画像のなかに、
誘引して近距離から撮影したと思われる画像を拝見したものですから、
注意喚起の引用として使わせていただきました。

トリビオさん、
おっしゃる通り、私の考えを押し付けるものではなく、ただそれぞれがどう感じるかの問題です。

父島迷鳥さん、
法に抵触しない限り、それぞれの考えで、それぞれの目的で行動すればイイのだと思います。人のことをとやかく言える立場にはありませんので(笑)
和尚さん、
長崎県内には私の知る限り、県および長崎市から特別な許可をいただき、
野鳥の会の有志で管理している水場が2か所あります。
 ひとつは、雲仙普賢岳災害によりもともとあった天然の野鳥の水飲み場がなくなり、雲仙で繁殖する夏鳥が激減したため、復興事業の一環として国立公園のなかに人造の水飲み場を作ったこと。(この事業には私は携わっていません)
 もう一つは、長崎市を通過する渡り鳥(主に見落としがちな小鳥)を観察、記録することを目的に、市の所有する自然公園の一画に観察小屋と水場を数年前に作りました。(コチラは水場の近くに住む友人がほぼ一人で手掛けています)
 どちらも公共の利益にふくする場所ではあり、どなたでも利用可能ですが、2~3年前から心もとない、”野鳥の写真が撮れれば何でもあり”の方々が横行するようになりシーズン中の観察はほぼ諦めています。ただし、いつかその方々が水場のある意義に気付いてくれることを信じて、長崎市にある水場については維持管理に携わっていきたいと考えています。
 このサイトのガイドラインにもあることですが、
 「撮影目的による、餌付け・音声による誘引」は断固反対です。
 ただし、口笛で鳥真似のできるような方が、自らの身体を使って野鳥と会話を楽しむことはあってイイと思います。
 長文、失礼しました。
まずは一周めが終了のようです(笑)。確か他の方も書かれていましたが大阪城公園ってすごいんですねえ…。

>これを読んで、どう感じるか

自分の意見を具体的に書き込まれた方は、自分を含めて3人ほどでしたが、肯定否定分かれるもんですね…。「法に抵触しない限り」というフレーズが出てくることは「良識の範囲外」ということと思います。

>ただ、最近の投稿画像のなかに、 誘引して近距離から撮影したと思われる画像を拝見したものですから、

もしこれが仮にNo91922,92002などを指しているのでしたら、この方は主に
https://zukan.com/jbirds/internal15290 を撮影されている方かなと思います。

残念ですが、自分の投稿以外の投稿やコメントは読まないようですよ? 投稿数が多くなり、他者の投稿やトピに関心を持たない方が以前よりも増えているように思ってます(っていうか、ついていけないのかも?)

イコール、このサイトの利用者がどう感じているかには無関心ということで、フィールド上でも同様なのだと思います。それにしても4/22は投稿数が多かったです。

「撮影目的による、餌付け・音声による誘引」の「撮影」を「観光」に置き換えたらどうでしょう? 個人の利害ではなく公益のため、として容認されると思いますよ。それで自然環境に対する影響が短期的に認められないのであれば、個人で行うことがなぜ悪いのか?となるのが人間です。

1か月ほど前に自分が立てたトピ、
https://zukan.com/jbirds/question/6071 を思い出しました。
自分がマイフィールドで学んだことをまた少しまとめたくなってしまいました。人間「可愛い」という感情がいかに止められないか、相手のためにならないか、特に野生の命にはそうだと思います。↓同じ場所に通ううちに同じ個体ととうとう顔見知りに…カノジョ?にカワイイと餌をやる人もいるようです。
勘違いがあるといけないので、念のため書きますが、僕は、鳥や環境に害をなす行為を容認しているわけではありません。ただ、程度問題というのはあると思っており、何から何まで十把一絡げに敵視攻撃する姿勢を危うく感じるだけです。

あと、アカヒゲさんが引用された文章ですが、論旨に異議はありませんが、事実との裏付けが取れていないことをあたかも事実であるかのように刷り込み、風評を形成する手法に警戒感を覚えます。
餌やりについての私の考えは↓ここにもコメントしましたが、
https://zukan.com/jbirds/leaf91510
・子供たちが野鳥に興味をもつきっかけになる
・観光資源とすることが目的でも真の環境保護に変化していくこともある
・希少種の保護や調査が目的の場合もある
ということで完全に否定はしませんが、それらの場合でも与える餌は自然環境中
にも存在しているもので最小限の量であるべきと思います。
そして、「きっかけ」や「調査」の目的を果たしたあとは速やかにやめるか野鳥
に変な影響を与えない他の手段に移行していくことを期待します。
例えば、公園で個人が餌をあげるのではなく、公園を作るときに野鳥が好む種類
の実がなる植物を植える。
カワセミのヤラセ棒を立てるのではなく、魚たちが住み着く池を作り池に影を
落とすような位置に木を植える。
要するに現在各地に作られているビオトープがその役目をもつものであり、
その試みは成功していると思います。
それでも次々と子供たちや新たなカメラマンが生まれてくるわけで、餌付けや
ヤラセが各地で繰り返されてしまうのは残念ですが仕方のないことでしょう。
それが目立ってきたときにはまたアカヒゲさんが引用されたような記事による
呼びかけ、問いかけが必要になると思います。

私が本当に心配するのは、野鳥や自然保護には全く無関心なまま「開発」という
名の環境破壊をされてしまうことで、特に私の故郷である北海道の十勝地方で
それが行われてきたのを見た私はこの記事に強く共感します。
ただし、この記事が書かれてから15年経った今、十勝に帰省して野鳥を観察
すると乱雑な環境破壊はすすんでいないように見えます。
それはこの記事の筆者のように環境保護の大切さを積極的に訴えた方々のおかげ
と思い感謝しています。
yama-g60さん
大阪というところは緑が少ないので大きな都市公園に渡りの時期に野鳥が集中するんです。9月にいけばスズメのようにたくさんのコサメビタキやエゾビタキ、キビタキがそこら中で見ることができます。餌付けなんかしなくっても十分野鳥を観察できる素晴らしいフィールドなんですよ。
彼ら(彼女ら)のバイタリティはスゴイです。広い大阪城公園内をスマホで連絡取りあって鳥の出具合によって移動するので自転車は必需です。大砲担いだ人らが小走りに大移動する姿は野鳥に興味のない方々から見たら異質な物でしょうね。
朝早くから水場を作るもの、舞台を流木や花を持って来て作ってそこに餌を置くもの、声をテープで流すもの、茂みに逃げ込んだ野鳥の追立役をするもの、ま~すごいですわ。いろんなところで餌付けヤラセ撮影を見たことがありますがここまで公然とやられているところが他にもあるんでしょうか?
その作られた「舞台」を百人以上の方々が三脚を立てて置きピンで狙います。鳥が現れたら機銃操作ですよ。音だけでもゾッとします。
機会があれば一度秋の渡りの時期、休日に行かれてみるといいと思います。
アカヒゲさん
私はこの図鑑に参加したのはガイドラインの趣旨に大いに賛同したからです。多分読まずに参加している方が多いのでしょう。悲しいことです。

アカヒゲさんがおっしゃる水場と私が言うヤラセ水場、ちょっとニュアンスが違います。
添付の画像を見てください、シジュウカラが水浴びをしていますね。これは証拠写真として撮影したのです。公園にくぼみを掘り、防水シートを引き水を張る。餌を置いて周りにも花やヤラセ棒をしつらえ(この水場は製作途中、このあと私が破壊しました)周りを三脚でずらっと囲み置きピンで100人近くが待つんです。
鳥が水浴びを始めたら機関銃のような音が響き渡ります。これが私の言うヤラセ水場です。公園に穴掘って占拠してしまうんです、違法行為でしょう。全く自分たちの都合しか考えない行為ですよ。
自宅にバードバスを作ったりちょっと枝にミカンなんかを刺したりする分には私も「これは餌付けだ!ヤラセだ!」なんて目くじら立てたりしません。逆に野鳥に親しむということで野鳥保護の観点にも立てるきっかけになりますから。
アカヒゲさんのおっしゃるような水場が近くにあるといいなぁと思います、私がよくいく場所も「観察広場」とありますが言葉だけで維持管理全くされていませんから。
mabe さんの文章を読んで思ったのですが、ココ (https://zukan.com/jbirds/question/6274) もある意味ヤラセ水場ですね。
もっと飛躍してしまえば、葛西臨海公園の鳥類園なんかは、壮大なヤラセ埋め立て地ですね。
と言うわけで、元に戻って、僕は多様な価値観、意見があっていいと思っています。
和尚さん、それはヒドい!!
都内や神奈川でも公園内を大砲担いだ人が大移動は見かけますがそんなにヒドい人
たちは見たことないです。

トリビオさん、確かにある意味ヤラセですね。東京港野鳥公園もそうです。
でも、鳥たちに悪影響ないどころか繁殖の助けにもなるように計算されて作られた
公園やビオトープは何の問題もないですね。
問題とするべきは鳥の健康や繁殖に悪影響を与え続ける行為と思います。
トリビオさん、のおっしゃる場所はヤラセ水場ではないと思います。
そこで撮影する利用者のモラルは必要だと思いますが・・・。
yama-g60 さん、アップ写真を見て即座に誘引を疑うのは、少し違うと思います。
私自身、ジッと待ってて5m圏内に野鳥が来ることは稀にありますから。
抽象的な言い方になりますが、私が言うところの?の写真は苔の上で餌取りをしている画像です。あり得ないことはないですが、通常苔の上で芋虫などを捕食しているシーンを見たことがないからです。ただ上の枝から偶然落ちてくることも考えられますから、直接「餌付けではないですか」と聞くことは出来ません。
yama-g60 さんが時々投げかける投稿画像への疑問については、種名の違いなど訂正が必要なものもありますが、指摘する必要がないものも含まれてると思います。他人の趣味や行いへの干渉にも良心が必要なのではないでしょうか?
 前にも書きましたが、これがよくて、あれはいけないという意味合いではなく、考えていただく例として挙げてますので、その点をご理解いただけたらと思います。
yama-g60さん

>残念ですが、自分の投稿以外の投稿やコメントは読まないようですよ? 投稿数が多くなり、他者の投稿やトピに関心を持たない方が以前よりも増えているように思ってます(っていうか、ついていけないのかも?)

これどういう意味でしょう?御教示願います。
ジョンソンさん、それではコメントします。
例えばこれまで何人かの方がチュウダイサギ、ダイサギについて質問されたり、同定を変更されている中で、そのような話題そのものが存在することを知らずに参加されている方が多いという意味です。
もしくは自分の投稿に「いいね!」をつけてもらっても、他人の投稿に一切いいね!をつけることをしないというポリシーの方を指します。
実際にこの接近画像を投稿された方(ユーザーNo.5166)は同定に疑問を呈されたことで、和尚さんと自分の制止もやくなく投稿を削除されています。つまり、同定先を変更することを知らずに参加しているか、自らの投稿に傷がついたことを不服に思うか、さもなくば同定をミスったら削除すべき、と思い込んでいるという事です。一定期間ここに参加していれば、このような場合、他者がどう振る舞っているか知って当然と思うから、このように書きました。おわかりいただけたでしょうか?
アカヒゲさん、
>yama-g60 さん、アップ写真を見て即座に誘引を疑うのは、少し違うと思います。
議論がすれ違っているようですが、誘引を疑ったのではなく、投稿者を弁護しただけですが…。

そもそも、
>抽象的な言い方になりますが、私が言うところの?の写真は苔の上で餌取りをしている画像です。

ということですから、アカヒゲさんの対象とした投稿を自分が取り違えているのだと思います。

>yama-g60 さんが時々投げかける投稿画像への疑問については、種名の違いなど訂正が必要なものもありますが、指摘する必要がないものも含まれてると思います。他人の趣味や行いへの干渉にも良心が必要なのではないでしょうか?

この部分は自身が気づいておりませんので、一件だけでよいので、具体的にコメントした投稿番号をお知らせください。ブレーキをかけたいと思います。
yama- g60さん
早速の回答ありがとうございます。
確かに他の方のせっかくのアドバイスに無反応な人が稀に見受けられますのでそこは同感です。
ただ、このサイトに不慣れでコメントに気付かない人や、多忙でタイムリーに返せない人もいると思うので、多少の寛容さは必要だとは思います。
しばし本題から脱線ご容赦です。

ジョンソンさん
>ただ、このサイトに不慣れでコメントに気付かない人や、多忙でタイムリーに返せない人もいると思うので、多少の寛容さは必要だとは思います。

おっしゃる通りです。ただ、このズカンの現状を見ますと多くの投稿、多くのコメントが錯綜しており、自分の投稿をいったん確認する習慣を省略するとコミュニケーション不全に陥ります。

端末がPCなどであれば、右上のログインバー(添付画像)に、自分の投稿にコメントがついた、自分がコメントした投稿やトピに新たなコメントがついた、のアラートが表示されますが、ここに気づかない方も多いのだと思います。

ただし、1件のみ投稿、あとはナシのツブテという場合、このサイトを継続して利用しようという意思が見られないのも事実。つまりそこでガイドラインに抵触していても意思疎通はできないわけです。

コメントをどう返してよいものかわからない場合でも、誠意をこめて何か返すべきだと思うのです。

以上、脱線終わり。トピ主アカヒゲさん、ごめんなさい。
すみません、もうひとつ蛇足です。トピが長くなってきて見落としたのなら残念。

2018.04.23 09:53のmabeさんのコメントの書き方、ナイスだったんだけど…。

アカヒゲさん、もう一回、読み返してください。お願いします。
mabeさん
関東は皆さんマナーがいいのでしょうか?それとも関西が特別悪い?
一度面白かったのは200人ぐらいのカメラマンが餌付けをしている場所だけを見ているので、50メートルほど横に出てきたノゴマに全く気付かない、ってことがあり私一人が撮影しました。
来られることは無いでしょうが大阪城公園の9月の休日に来られるといろんなものが(鳥以外の)見ることができますよ。

トリビオさんのおっしゃるところはヤラセ水場ではないですよ、私はそう思います。
ヤラセ水場というのはアカヒゲさんへあてて書いた私のコメントに添付した写真のようなものです。
それと川や池でカワセミ・ヤマセミのダイブや捕食シーンを撮るために生け簀を作って魚を入れ、いい枝ぶりの木をしつらえたようなものを私はヤラセ水場と思っています。
すごいですよ皆さん、バケツに魚を入れて持って来て長靴履いて川や池に入って作業しています。すごいバイタリティです。
そしてカメラは置きピンで離れたところから電子レリーズでパシャ!です。
たまにそんな写真で「こんなところにこんな魚住んでるわけないやろう!」と突っ込みたくなる魚をくわえているカワセミやヤマセミの写真を見かけます。よ~くチェックすると面白いものが見えてきます。

餌付けやヤラセをして写真を撮る人たちの間ではそうやって撮った野鳥を「養殖もの」、そうでない自然の野鳥を「天然もの」と呼んでいます。ヤマセミやコマドリに多いですね。
 皆さん、
 せっかく立てたスレですが、この手の議論はどうどう巡りに終わるのではないかと思います。運営スタッフとしていたらない部分も多々あると思いますが、一人でも多くの方が参加できるサイトであるのが一番である一方、マナーやモラルについても時々はふれていく必要性は感じています。
 一応、ヤラセの疑いがあると自身感じたものには、新たなスレにて質問してみます。
 あと、yama-g60 さん、mabeさんのコメントはちゃんとチェックしてますよ。
 大変ごもっともなことですし、mabeさんのわかりやすい書き方にも共感しています。

 また、和尚さんの行動には敬意を評したいです。そして関西でも和尚さんのような考え方を持つ方が増えるとイイですね。
皆さま、ひと言多いのは承知です。
白黒つけるのではなく、こうした議論を「見せる」のは重要なことだと思ってます。
難しい議論にかかわりたくない、長くて読み切れない…そんな人ばかりではありませんから。
簡潔に私の意見を書いておきます。

それは、
「投稿される写真については、「この図鑑ガイド」に記した方針に沿ったものとしてください」です。フィールドでのルールやマナーは明確でなく意見の相違もありますが、ここではそれをルールとしています。

なかなかチェックが追いつかない現状で、しかもいろいろと問題が増えてきていますが、まだまだ頑張っています。


それと、yama-g60さんの
>2018.04.23 09:53のmabeさんのコメントの書き方、ナイスだったんだけど…。
が指している と思われる

「問題とするべきは鳥の健康や繁殖に悪影響を与え続ける行為と思います。」

は私もナイスだと思います。
Misodaさん、
簡潔明快なフォローありがとうございます。

私もその通りだと思います。
※ コメントするにはログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する