読み込み中 . . .
中止

記事一覧へ戻る

ガイドにある「繁殖行動に影響を与えたと思われる写真」について

[ 記事No.4324 ]
3件のコメント
ガイドにある「繁殖行動に影響を与えたと思われる写真」について
はっきりとしたガイドラインは作ってありません。私自体まだ勉強中です。

当分は現状維持にしようと思いますが、良い機会なのでOK/NGの例を列挙しておきます。
みなさんも迷ったらこの投稿を元に判断してください。

【NG】
・猛禽類は原則NG
・希少種は原則NG

【OK】
・ツバメの仲間、スズメの営巣写真はOK。
・自宅の窓、ベランダなどから撮影できるなどの特殊な例はコメントを書いてもらえればOK。

【コメントが欲しい (十分に距離を取ったとか、対岸で撮ったとか)】
・コロニー(集団営巣地)で繁殖しているもの(カワウ、サギ類、コアジサシ、・・・)は、距離を取ってもらえればよさそう。
・水鳥も距離を取ってもらえればよさそう。
・地上で繁殖するもの(ヒバリ、ケリ、コチドリ、・・・)、これらはたまたま近くを通って見つけてしまったというケースかな。
海岸へ渡りのシギ・チドリを探鳥に出た折、道すがら干拓地の広い水田の真ん中で営巣中のセイタカシギを見つけ車中から撮影しました。
営巣地の立ち入り禁止区域外から1000mmで撮影して大幅に
トリミングしていますので、営巣中の親子には影響は無いと思います。

申し訳ありませんでした。
犬の散歩コースで多くの方が歩かれている道に沿った木の上に巣を作っていたので撮影してしまいました。
以後気を付けます。
※ コメントするにはログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する