読み込み中 . . .
中止

記事一覧へ戻る

鳥の名前がわかりません。サギ科は間違いないと思うのですが・・・

[ 記事No.3355 ]
10件のコメント
鳥の名前がわかりません。サギ科は間違いないと思うのですが・・・
干潟の近辺で朝に休息中の3羽のサギを見かけました。3メートルぐらいの間隔で①から③の同一個体、④と⑤の同一個体、そして真ん中に⑥のゴイサギ幼鳥(ホシゴイ)がいました。それぞれゴイサギの成鳥になるまでの段階の鳥だろうと思い写真に収めたのですが、こんなに黒くなるとの解説や写真を見つけられませんでした。どうか何の鳥なのか教えて下さい、宜しくお願いします。
画像1
画像1
画像2
画像2
画像3
画像3
画像4
画像4
画像5
画像5
画像6
画像6
もしかして黒く汚れたような脚を見ると、野鳥のフリートークでお腹の黒いコサギでひげじいさんにコメント頂いた「黒色の泥の中に入って餌を採っていたのではないでしょうか」のコサギの汚れたお腹の状態と同じで①から③の個体と④と⑤の個体は頭から胸やお腹が泥で黒く汚れた状態のゴイサギに見えてきました。いかがでしょうか?
一晩考えましたがわかりません。ゴイサギは基本待ち伏せ型の狩りで、シラサギのように動き回って狩りをしないでしょうし、頭から泥の中に突っ込んだり、汚れた水の中で毛づくろいをするとも考えられません。見たことのない色模様で興味津々ですが......
画像4、5は首をすくめたクロサギ(喉が白くないタイプ)の幼鳥?かもしれませんね。
http://kiden.blog.eonet.jp/default/eo5/
ひげじいさん、時間をかけ色々と調べてもらい大変感謝します。今度は珍鳥に出会ったみたいですね。私なりに調べてみて黒化したコサギやアオサギがいるのを知り、ゴイサギの黒化はないのか調べたんですが出てきませんね。私的には画像4、5の鳥の羽にゴイサギ幼鳥の特徴である星のような斑点があるのが気になります。また画像1~3の鳥の目が赤いのもゴイサギ成鳥と同じなのでこの2羽は黒化したゴイサギではと思ってしまいます。Misodaさんのコメントも聞いてみたいです。ちなみに添付した画像は画像6の鳥の横顔です。
画像1
画像1
ゴイサギの黒変でしょう。
サギの黒変が多いような気がします。ネットで検索してみてください。

「アルビノでしょうか?」にもリンク(リュウキュウヒヨドリ経由)を貼りましたが、
イギリスの「British Birds 106 January 2013 」に興味深い記事があります。羽の色の異常は白変の他にもいくつかあり、その中の黒変は「褐色やクリーム色の元になっているメラニンの酸化で起きる」みたいなことが書かれています。これは化学的なもので科学的な理由(自然界でなぜそのようなことが起きるのか)ではありませけどね。
コサギの黒変(色はグレー)はネットでもちょくちょく見かけますが、ゴイサギの黒変は今まで見たことがありません。ゴイサギのこれだけ黒い色の黒変があり得るならTassyさん、大発見です!
Misodaさん、ご回答頂き有難うございます。貴重な時間を使って調べてもらい恐縮です。まだ鳥見1年目なのでマイフィールド探しで色々な所に足を踏み入れていたらこんな出逢いもあるんですね。ひげじいさん、コメント有難うございます。休日行ける時はこの場所に足を運んで逢えるかどうか判りませんが再確認しようと思ってます。またこの場所は月1回探鳥会があっていますので、野鳥の会の方にも目撃情報などの確認をしてからゴイサギの黒変で投稿しようと思います。
白変・黒変について色んなサイトを漁ってると
辿り着きました笑
色素細胞が欠乏し白くなったり、薄くなるのが
アルビノ・白変個体。
病名で言うと 先天性色素欠乏症。
白変とは逆に色素細胞が異常に多くて黒くなる
メラニズム。病名メラニン沈着症。
クロヒョウや黒いライオン。
鳥だと黒いスズメ筑波で見つかった黒いシジュウカラ
なんかが有名ですね。

病名なんかはググったりしました!
長々と失礼しました...
私が鳥見を初めてまだ数カ月の頃の懐かしい投稿へようこそ!
この時はまだ白変・黒変などという単語を聞いた事がなく、大変驚かされました。

話は変わりますが、トリビオさんのコメントよりおとんさんがとてもお若いの方だと判りました。
お名前より年輩の方だとずっと思っていたのでビックリです。
私のように脳が萎縮して中々覚えられないもどかしさなど無縁でしょうから、これからもどんどん鳥知識を養っていって、ズカンを盛り上げていって下さいね(^-^)
皆さん!驚いた事に、Shin'sさんからこの黒いゴイサギに対してコメント(メール)がきました。
《以下の内容》
ご自身の推測通り、ゴイサギのメラニズム(黒化)などではなく環境中に流れ出た墨などによって黒く染まったものです。採餌するときに水中に浸かる部分を中心に黒くなっていて羽の部分部分(羽区)で区切れているわけではありません。このような鳥は染工場の近くや人為的に汚染された水辺で見られることがあり、私自身2度ほど赤いハクセキレイを観察しました。画像1~3は亜成鳥の黒染外部着色、4から6はホシゴイの黒染外部着色個体です。

たまにこのズカンに訪問されているんでしょうね。
ありがとうございました。
参考にさせていただきます。
※ コメントするにはログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する