読み込み中 . . .
中止
[ 記事No.2676 ]
5件のコメント
イカルチドリ
多摩川のほとりに座って、ボーッとチドリをながめていたら、イカルチドリにオデコが黒くないのがいることに気がつきました。これって、メスとか幼鳥とかでしょうか。それとも別の種類?
どなたかお教えください。
画像1
とりあえず、別の種や幼鳥ではありません。
メスにそういう傾向があるのかもしれませんが、それを示すデータや資料はまだ見ていません。
Misoda さん、コメント有難うございました。
まぁ、あれだけ沢山いるのですから、突然変異っぽいのがいてもおかしくないですね。
自宅で複数の文献を確認しました。結果は今の時期(夏)に黒いバーがないのは幼鳥でした。
すみません、幼鳥らしいところ(嘴基部の黄色や雨覆いの先の淡色、幼綿羽)がなかったので幼鳥を否定していましたが、違っていました。シギ・チドリの幼鳥についてまだまだ勉強不足です。

≪参考≫
冬羽でも黒い部分が薄くなるようですが、幼鳥の場合は" lacks blackish on forecrown"・・・つまり、"頭の黒い王冠が不足している"、ほかにも胸の帯も欠損しているといったことが書かれてしました。
また、基本的に雌雄の差はないけれど、"black frontal bar and breastband usually broader in males"・・・つまり、"オスでは黒い前頭のバーと胸の帯は一般的に広い"だそうです。
国内の図鑑では、そういうとこを明記している図鑑はなかった。さすがに、氏原さんのシギ・チドリ類ハンドブック(文一総合出版)のイラストの幼鳥は描き分けてありましたけど(説明はなし)。
Misoda さん、色々と調べさせてしまい、申し訳ありませんでした。僕ももう少し自力で何とかするようにします。海外の情報を探すのは良い考えてすね。試しにちょっと検索してみましたが、非常に多くの資料が簡単にヒットしました。今後は活用してみることにします。
海外の情報は有用なサイトを探し出すのが難しいですよ。私が使っているサイトをフリートークの方で少し紹介しておきます。
※ コメントするにはログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する