[ 記事No.18645 ]
亜種名について
お気づきかと思いますが・・・、実験的に
ダイサギ、カワラヒワ、エナガの種名に亜種の文字を付けて様子を見ていました。
そして更に、先日まではは「亜種ダイサギ」の表記だったのを、「ダイサギ(亜種ダイサギ)」という表記に変えました。今は、この3種だけですが、日本鳥類目録第8版(出版予定は2022年から2023年9月に変更)が出たら、それに合わせて全体的に反映させるつもりです。

種の和名に「亜種」の文字を付けるようにしよう思ったきっかけは、普通の人(亜種を分けるのはコアの人ですよね)は、亜種チュウダイサギを亜種と書かれていなかったダイサギの所に投稿してしまうからです。それは無理からぬことなので、せめて、少しでも亜種を分けたズカンであることに気づいてもらいやすくするための工夫であり改善のつもりです。

ちなみに亜種を分けるのは難しいし、出来ないことも多々ありますが、亜種を分けるズカンにしたこと自体に後悔はありません。それこそ亜種チュウダイサギと亜種ダイサギがいつ、どこでどのような頻度で観察されたかを少しは分かるようになったのだから。色々な調査結果を見ても亜種を分けたデータが無くて、いったいどうなっているのだ???ということもあって始めたズカンですから。

「亜種の分類について」
https://zukan.com/jbirds/question/15618
>どちらかわからない場合は、種である基本種に投稿しても構いません。
については、否定するものではありません。
まずは、『亜種を分けたズカンであることに気づいてもらう』こと。これが大事。
※ コメントするにはログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する