[ 記事No.17608 ]
5件のコメント
宜しくお願いします。
何時もお世話になります。
2022年11月24日
和歌山市貯水池

1枚目はオカヨシガモのメスだと思います。
2枚目はオカヨシガモのオスと一緒に居ましたが、翼鏡が青いのでマガモのメスの可能性も・・・
顔はオカヨシガモの雄に見えます。図鑑ではオカヨシガモのオス・メス共に翼鏡は白いと出ていました。
どちらもオカヨシガモでよろしいでしょうか?
画像1
画像2
2枚目は少し小振りなカモではありませんでしたか?
アカヒゲさん、ピンボケの写真を確認したらオカヨシガモの雄より少しの小ぶりでした。。
私は水辺の鳥は詳しくないので参考程度にしかなりませんが、2枚目はコガモのメスのように思います。
画像1はオカヨシガモの成鳥メス、画像2はコガモの成鳥メスどちらも非繁殖羽(非生殖羽)通常の鳥では冬羽です。カモはメスのみが子育てするのでその後に冬羽へと換羽します。一方オスは子育てに関与しない場合が殆どなのでメスが子育てに入ると順次換羽して非繁殖羽となり、日本に渡来する頃には部分的に繁殖羽となっている場合が多いです。メスはこの非繁殖羽の期間がオスより長くその間は嘴に小黒斑(黒いぶつぶつ)が出やすいのがメス成鳥の特徴です。あまり図鑑では触れられていませんがハシビロガモの老熟したメスなどはそのせいで黒い嘴に見えるものもいますのでメスを判断する参考にしてください。
アカヒゲさん、Shin'sさん 何時も有り難うございます。コガモのオスの姿がいなかったので、頭から消えていました。勉強不足です。
今後とも宜しくお願いいたしま
※ コメントするにはログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する