読み込み中 . . .
中止

記事一覧へ戻る

ルリビタキのメス オス若どちらでしょうか?

[ 記事No.15620 ]
7件のコメント
ルリビタキのメス オス若どちらでしょうか?
1月10日に大阪府内で撮りました、おすの若に見えるのですが教えてもらえますか、写真は3枚共同一個体です。よろしくお願いします。
画像1
画像2
画像3
脇のオレンジ色と尾羽の青色味が強めなので、ご推察通りオスの第一回冬羽でいいと思います。
ルリビタキのことについては、アカヒゲさんの下の記事がとても参考になります。
https://zukan.com/jbirds/question/15540
TAKOさん、こんばんは。
まずは、とても綺麗に撮影されているな〜と。素晴らしい写真ですね。
こちらの投稿を見て、私も興味があったので今日1日調べていました。で、あらためて難しさが分かりました。ありがとうございます。
写真を見ますと青みが強く出ているように感じますが、暗めな所で撮影されたので青が強調されているのかな…と思ったりもしました。図鑑等を見てもこのような色合いのメスの写真も見られます。ですが、TAKOさんの撮影された画像1の写真では、眉斑が確認できる?のかなと思い、オスなのかなと思いました。
メスでも眉斑が見られる個体がいるのでしょうか。どなたか詳しい方に私も聞いてみたくなりコメントしました。TAKOさんの質問に乗じて自分の疑問も書いてしまい申し訳ありません。
明確な答えにはならずに申し訳ないのですが、
・1枚目の眉斑に見えるラインは撮影時の条件で見えないケースもある範疇のように思います(私は眉斑とはとらえていません)。3枚目の画像にある嘴基部から眼先にかけての白色部には換羽によって眉斑になる可能性があると思いますが、仮にこの個体が♀だとすると周囲の色合いはオリーブ褐色のままで目立たないと思います。
・尾羽から上尾筒→腰に至る青色味については正直、どちらともいえないという印象を持ちます。
・3枚目の画像では脇の橙色部は広く、肩側からのはじまり方も明瞭で、この点は雄の特徴が出ていると思います。ただし雨覆や頭頂部などに青色部分を見出すことが出来ず、♂第1回冬羽と言い切ることはできない。
というところでしょうか?
 
 ルリビタキの場合、第1回冬羽及び夏羽においては、尾羽~腰にかけてに加え雨覆や頭部などに一部青色味があり、なおかつ胸の橙色部が幅広であれば、おおむね♂と判断してよい様にかんじるのですが、逆に明確に♀だと言い切れる個体は判別しにくいのも事実です。
 わからない疑問については早急に結論を出さないことも観察の楽しみだと思っています。
 ルリビタキについては第1回夏羽にて繁殖可能なので、繁殖地で運よくオリーブ色の個体のペアに巡り合えれば、両者の違いのヒントが得られるのかもしれません。

 オスの可能性が高いとは思うのですが、♂♀の判断を下すだけの識別眼を私は持ち合わせておらず結論に至らず申し訳ありません。
ちなみにルリビタキ♂第1回冬羽の特徴を表わしているわかりやすい投稿としてはTassyさんの⇓の画像がわかりやすいかと思います。
https://zukan.com/jbirds/leaf113780
おはようございます。
アカヒゲさん、私の疑問にまで丁寧にお答えいただきありがとうございます。
画像1の眉斑に見える件については承知しました。アカヒゲさんほどの経験をお持ちでも難しい案件なのですね。勉強になります。
Tassyさんの画像、本当に分かりやすいですね。
私の通うフィールドでは、GW頃に渡の途中で立ち寄ります。タイミングよく会えればじっくり観察してみたいと思います。

TAKOさん、大変勉強になりました。ありがとうございました!
皆さん色々と教えてもらいありがとうございました。アカヒゲさんやTassyさんの記事拝見しました、大変勉強になりました。
まだまだ未熟者でもっと勉強していきますので、また、ご教授お願いします。
TAlKOさん、
甚だ申し訳ないのですが、餌付けによる誘引された個体のようてすね。この図鑑ガイドを確認いただけると有り難いです。
※ コメントするにはログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する