読み込み中 . . .
中止

記事一覧へ戻る

今朝(10月06日)に見た、聞いたムシクイ類

[ 記事No.14932 ]
今朝(10月06日)に見た、聞いたムシクイ類
今朝(10月06日)に見た、聞いたムシクイ類。
9月から秋の渡り観察を続けています。
 今日は朝から生暖かく、風も無風に近い状態。
 10月も中盤にさしかかりタカはあまり望めないなと
 生涯の自身のテーマであるムシクイに着目。

 相変わらず地鳴きは山のアチコチで聞こえるので録音。

 自宅に持ち帰り、出勤前の解析。
 図で示すように周波帯域は5khz~8khzで時折9khz近くまで達します。

 オオムシクイともコムシクイとも言いがたい範囲なのですが、
 ・アナログな私の聴いた感覚では、2音続けて鳴き続けること。
 ・「ヴィッ」ではなく「ジジッ」に聞こえたこと。
 ・周波帯域が幅広いこと
 ・時期的にコムシクイはほぼいなくなっていること。
 などからオオムシクイではないかと思っていますが、やはりメボソムシクイ上3種については繁殖地で見ない限り、同定は難しいですね。

 DNA鑑定しない限り種の特定ができないものを独立種として扱うのも如何なものかと個人的には思っている今日この頃です。




 参考に今日見たムシクイ画像、音声のソノグラム表示、並びにメボソムシクイ上3種の地鳴きの違い(上段コムシクイ、中段オオムシクイ、下段メボソムシクイ)を添付いたします。
 
画像1
画像2
画像3
※ コメントするにはログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する