読み込み中 . . .
中止

記事一覧へ戻る

コムクドリについて質問があるのですが

[ 記事No.14370 ]
5件のコメント
コムクドリについて質問があるのですが
今朝、山口県萩市で、コムクドリのオスを観察しました。しかし、図鑑によると、コムクドリは本州中部以北で繫殖し、春と秋の渡りの時期には各地に現れる、と書かれています。今回は本州中部以北でもないし、渡りの時期でもありません。子の鳥は迷ってたまたま来ただけなのでしょうか。ここで質問することではないかもしれませんが、気になりました。わかる方は、教えていただけると幸いです。
画像1
画像2
こんばんは。

私は昨日東京都大田区の公園でコムクドリを見ました。
コムクドリの秋の渡りは、もう始まっているのだと思います。秋の渡りというと9月以降だと思いがちですが、種によってずい分と違いがあります。

大雑把にいえば7月中旬くらいから始まり、11月くらいまで続くのが秋の渡りと認識しています。
こんばんは。

地理的な表現についてのみお答えします。
「以北」と言うのは「その地点を基準にそれよりも北」を意味します。
本州中部と言う言い方は一般的に「本州中部地方」を指しています。北限は佐渡を含む新潟県、南限は静岡・愛知県などの東海地区。当然南限も「中部」ですから緯度から見たら山口県の萩市も以北です。
この中部以北と言う表現から行くと、山口県の瀬戸内海に面した区域を含め四国や九州地方は含まないという意味合いとなります。
ただし、生態系に注目した場合の区分ですのでご注意を。行政上の区分となると離島も含まれてきますので。
例えば「日本で一番南にある都道府県は?」と言う質問に多くの方は「沖縄県」と答えると思います。実際は東京都になります。小笠原諸島は東京都の行政区分ですので最南端にある島を入れると上記の通り「東京都」が正解です。ちなみに沖縄県は最西端の都道府県となります。
鳥取県でもコムクドリは繁殖してますよ~。
毎年、同じ場所で繁殖してますが、数多くはいませんね。
今時分は巣立ちした幼鳥がムクドリの群れに混ざってる姿を見かけます。
鳥取県で見られるコムクドリはまだ渡りの時期に入ってないですね。
渡りの時期になると20~30数羽で
コムクドリ単独の群れになって移動するようになります。
島根県でも繁殖してますので、山口県でも繁殖をしてると思いますよ。
おはようございます。

コムクドリは山口県でも繁殖しているのかもしれません。
ですが、それは標高の高い場所でだと思います。高地(繁殖地)から萩市のような低地に下りてくるのが"渡りの始まり"なのです。

繁殖地から一斉に下りてくるわけではなく個体差があって、最初は1、2羽で見かけ、やがて東南アジア方面に渡るために20~30羽の群れを作っていくのだろうと思います。
フジ丸様、法城寺様、nihonbasi様  ありがとうございました!!
コムクドリは山口県でも繫殖の可能性があるのですね。確かに、この時もせいぜい2,3羽ぐらいでした。後、もう渡りの時期が始まっていることは、こっちにとってもうれしいこと?なのかもしれません。今後もよく探してみようと思います。皆様、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
※ コメントするにはログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する