読み込み中 . . .
中止
投稿者 お節介爺 お節介爺
撮影場所

日本 大分県

撮影日

2018 /10 /22

雌雄など

夏冬羽など

投稿者コメント

いじめられたかと思いきや懸垂で体力アップを図るハシボソカラスだった。

運営サイト

コメントをお書きください

6 Comments
  • ハシボソガラスより嘴が細く基部が灰色で、頭部も平らに見えます。懸垂?をしている右側の個体が分かりやすいと思います。ミヤマガラスの群れの可能性があると思います。
    ハシボソガラスより少し小さくありませんでしたか。他の画像があれば、確認されてはいかがでしょう。

    2018.10.25 19:00 ·不具合が発生しました.報告する
  • コメントがついていますよ~
    システム上見逃すことありまよ~(^_^)

    2018.11.24 18:08 ·不具合が発生しました.報告する
  •  koboriさん、じんさん、コメントありがとうございます。見逃していました。そのときは、ミサゴの撮影に行ったのですが、あまりのカラスの大群に、ミサゴが現れず、仕方なく?カラスに目をやると、面白い格好をしていたの撮影したところです。
     これまでに、ハシボソ、ハシブトガラスしか見たことが無かったので、ハシボソと思い込んでいました。逆光でしたが、ご指摘のように灰色のように見えますね。これからは思い込みに気をつけます。ありがとうございました。

    2018.11.24 19:02 ·不具合が発生しました.報告する
  • 後頭部が平らで、成鳥は、嘴基部が灰色になっている。Koboriさんありがとうございました。

    2018.11.25 16:48 ·不具合が発生しました.報告する
  • 確認が出来て同定されて、良かったですね。

    2018.11.25 18:08 ·不具合が発生しました.報告する
  • ミサゴやカモにちょっかいを出しているのもこのカラスかも?

    2018.11.25 18:54 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する