読み込み中 . . .
中止
投稿者 yama-g60 yama-g60
撮影場所

日本 青森県 六ケ所村

撮影日

2018 /9 /18

雌雄など

夏冬羽など

投稿者コメント

一級河川の河口付近にて。遠かったので最初はオオソリハシかなあと思ってました。海から近いこともあり、まずそちらを考えました。マシな画像でもこの程度で残念。嘴の形状がわかるものを優先しました。1羽だけでした。角度を変えたカットをチェックしていると嘴は反っていないという結論になりましたが…。こうした河口にもオグロシギ、来るんですね。シギチ調査のコアサイトですが、2017年9回の観察では記録ありません。飛来にかなりムラがあるようです。
★オグロシギとの識別、自分なりの納得… https://zukan.com/jbirds/question/7438

運営サイト

コメントをお書きください

5 Comments
  • 撮影地は今年はオバシギ・コオバシギも観察できましたが、何年かぶりだったそうです。ムラがあるようですね。

    2018.09.26 08:44 ·不具合が発生しました.報告する
  • こさめたん さん、コメントありがとうございます。
    去年のシギチ調査データでは、秋はトウネン・ミユビシギのみ大盛り!ということでした。
    まあ、何がどう転ぶかわからないところが、シギチの良いところかもしれません。
    渡りのルート上でかなり広大なので、観察が大変そうなのがよくわかりました(笑)

    2018.09.26 09:28 ·不具合が発生しました.報告する
  • yama-g60さん、こんばんは。
    恐れ入りますが、このシギはオオソリハシシギ幼鳥のように見えるのですが?

    理由は、オグロシギですと羽先に丸みがあり、オオソリハシシギですと羽先が尖って見えます。
    それと尾羽が見えているようで、オグロシギでしたらこのような横縞模様に見えず、黒いと思うのです。
    いかがでしょうか?

    2018.09.26 18:48 ·不具合が発生しました.報告する
  • Tassyさん、コメントありがとうございます。
    それぞれの幼鳥の特徴ですよね? 手元にある過去の撮影画像を比較して、おっしゃることがよくわかりました。
    自分は最初に出会ったのがオオソリハシ(2017.9)でその後、オグロシギが非常に似通っていることを知り、飛べば尾で簡単に識別できる、というところまでしか知識がなく、あとは嘴のカタチで決断するしかないのかと思っていました。
    また、ズカンに識別図解がありますが、細かい羽の模様はこの遠い写真ではわかるはずがないという思い込みがありましたね。
    自分が納得した参考画像を後ほどフリートークにアップしてみますね。
    お手数おかけしました。いや、さすがです。

    2018.09.26 19:59 ·不具合が発生しました.報告する
  • Tassyさんのコメントにより、納得してオオソリハシシギに同定変更

    2018.09.26 20:00 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する