読み込み中 . . .
中止
投稿者 Nakon Nakon
撮影場所

日本 岡山県 倉敷市

撮影日

2018 /4 /23

雌雄など

夏冬羽など

投稿者コメント

手前側。初見、初撮りです。10羽くらいのチュウシャクシギの群れの中にいました。白さが目立っていました。

コメントをお書きください

5 Comments
  • 例のチュウシャクの中にいるオオソリハシ、ですね!
    https://zukan.com/jbirds/leaf91323 を参考にしますとメスかもしれませんね。
    …おっと短絡するところでした。群れからはぐれている個体は若鳥を疑え、なのでオスの第一回のオスの可能性もありました。

    2018.04.25 05:03 ·不具合が発生しました.報告する
  • yama-g60さん、コメントありがとうございます。雌雄については勉強不足でよくわかりませんが、3日ほど観察に行きましたが、いつもこの群れの中にいて一緒に行動していました。本人(鳥)たちは違和感がないのでしょうか。

    2018.04.25 13:32 ·不具合が発生しました.報告する
  • 種が違っても気の合う仲間、というのがいるようです。こればっかりはわかりません。
    ここでも投稿されている葛西臨港鳥類園の近くでは、クロツラヘラサギ&ヘラサギが1羽ずつペアで飛来するようですし、未投稿ですが、東京港野鳥公園では同じチュウシャクシギなのに当たり散らして周囲の5、6羽を全部追い払ってしまった個体も観察しました。撮影台無しでした(笑)。鳥さんそれぞれ個性的です。

    2018.04.25 13:41 ·不具合が発生しました.報告する
  • 追っ払うって!ひどい奴ですね!(笑)
    鳥の世界は不思議がいっぱいですね!まぁ人間界も不思議がいっぱいですが(笑)

    2018.04.25 15:01 ·不具合が発生しました.報告する
  • Nakonさん、こんばんは!! 今日は(4/25)チュウシャクシギが34,5羽が
    飛来していましたよ。新種のシギにはお目にかかれませんでした。
    シロチドリとヒバリのペア?に合えました。

    2018.04.25 20:46 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する