投稿者
撮影場所

日本 東京都 日比谷濠

撮影日

2018 /3 /31

雌雄など

未成鳥(幼鳥など)

夏冬羽など

冬羽

投稿者コメント

セグロの第三回冬羽でいいと思いますが、間違っていたら、ご指摘お願いします。

運営サイト
投稿日:2018.04.01

コメントをお書きください

17 Comments
  • 前後でかなり頭部の褐色味が違いますね…。嘴の色も後ろの個体が年上に見えます。手前は2wということはないでしょうか?

    2018.04.01 06:08 ·不具合が発生しました.報告する
  • yama-g60 さん、コメント有り難うございました。僕は以下のように考えました。
    【手前】
    肩羽だけでなく、雨覆にもグレーの羽根が出ているので、第三回。
    【奥】
    手前に比べて頭が白く、夏羽への換羽が早く進んでいる、すなわち成鳥に近づいているということで、故に嘴が黄色い。

    今出先ですので、家に帰ったら、他の種の可能性も含めて調べてみるようにします。ただ、未成鳥の夏羽って、あまり図鑑に出てない気がするんですよね。

    2018.04.01 08:43 ·不具合が発生しました.報告する
  • トリビオさん、コメントありがとうございます。
    自分も関心を持ち始めたばかりなので…。
    >肩羽だけでなく、雨覆にもグレーの羽根が出ている
    ここが判断基準で、
    >(奥は)手前に比べて頭が白く、夏羽への換羽が早く進んでいる
    という見解も理解します。同じ種として同じ齢で換羽の進行の個体差となると難解ですね。

    2018.04.01 09:34 ·不具合が発生しました.報告する
  • カモメは、他の種や、さらには雑種なんかも入り交じるので、ワケ分かんないですね。
    先日参加した探鳥会のリーダーが、まずは年齢を見分けられるようにしなさい。種を見分けようとするのは十年早いと言っていたのを思い出しました。(笑)

    2018.04.01 10:32 ·不具合が発生しました.報告する
  • 家に帰って図鑑と睨めっこした結論ですが、手前はやはりセグロカモメの第三回冬羽で良さそうです。一方、奥は、セグロより一年早く成鳥になるホイ系の第二回冬羽なんじゃないかと思います。誰かバシっと答えを言える人がいるといいんですが。

    2018.04.01 22:26 ·不具合が発生しました.報告する
  • 氏原氏が、カモメ観察の季節が終わったので、これからはイラスト描きに没頭するとツイートされていました。新たな図鑑を執筆中とのことですので、次は、虹彩/眼瞼や羽先の白斑パターンの違いを説明した大作が出てくるんじゃないかと、今から楽しみです。(’◇’)

    2018.04.03 07:05 ·不具合が発生しました.報告する
  • 右奥の肩の色がこの明るい灰色なら少なくともホイ系ではないでしょう。

    いやあ、年齢についてはよくわかりませんね。初列風切の白斑や尾羽の色もポイントのハズですが、左の鳥はこの写真だと見えません。第3回ともなると成鳥のように初列風切の白斑がもっと目立つようになり、尾羽もかなり白くなっているよう。

    完成までには10年以上かかりそうだれど、カモメのマトリクス図解っていうのを作る予定。横軸に種、縦軸に年齢で、静止と飛翔パターンで。GWにウミネコをベースとしたテンプレートだけ作ってみます。その後、これを作っていく上でトリビオ (’◇’)さんの写真も使わせてくださいね。

    2018.04.14 16:01 ·不具合が発生しました.報告する
  • どうぞどうぞ、これからもっと写真を撮りためます。ちなみに僕は、これまで撮った写真から、ホイ系の識別に背の色を用いることに納得していません。

    2018.04.14 16:24 ·不具合が発生しました.報告する
  • トリビオ (’◇’) さんのおっしゃるとおり、タイミルの識別に背の色を積極的に用いることは避けるべきだと思います。セグロ並みの背の薄さにもかかわらず、足が黄色い個体はかなりの数を見ることができます。

    2018.04.14 21:02 ·不具合が発生しました.報告する
  • 奥の個体は僕もタイミルではないと思います。タイミル顔ではありませんし、雨覆の羽のパターンが違います。ただ、この個体の年齢は僕には分かりません。背の換羽状況は第2回(or第3回)ですが、嘴が第4回のものです。頭の換羽状況も早めですし、僕には年齢はわかりません。このようなわけの分からないカモメは結構、見かけます。

    2018.04.14 21:10 ·不具合が発生しました.報告する
  • はは、私なんぞにはお手上げですね。
    コメント有難うございました。(’◇’)

    2018.04.14 21:40 ·不具合が発生しました.報告する
  • 「ホイ系」ってタイミルも入るんでしたっけ。どうもフィールド用語は疎い。ホイグリンは明らかに背の色が濃いけれど、タイミルはセグロと色で識別できないというのは異論ありません。

    タイミル顔って、私の印象ではもっとスマートで精悍に見えるやつ、幼羽の雨覆は軸斑が鋭利なギザギザに見えるやつという感じ。こういうのは、氏原さんの新しいカモメ図鑑を待たないとよー分からん。人間なら、この人は韓国の人、この人は中国の人ってなんとなく顔の骨格で分かるんだけどな。

    2018.04.15 17:19 ·不具合が発生しました.報告する
  • この写真は、肝心なところが隠れてたり切れてたりして、あまり良くないですね。
    たしかに、あらためて問われると、ホイ系の定義ってよく分かりません。僕は、ホイグリンみたいだけど、ホイグリンと言い切れない、すなわちタイミルのことを指すのだと思ってましたが。

    2018.04.15 17:59 ·不具合が発生しました.報告する
  • ホイ系=タイミルとの認識で問題ありません。通常はホイグリンカモメのことをホイ系とはいいません。ただ、日本では正式な記録は無いものの、確実に飛来しているビルラセグロカモメもホイ系に含めるという人はいます。

    2018.04.15 19:09 ·不具合が発生しました.報告する
  • どもです。ホイ系=タイミルなんだ、もう大丈夫、覚えておきます。

    ビルラはIOCのリストにないから知らない・・・といいつつ、シベリアの繁殖地で西から東方向へ、heuglini、tymirensis、birulae、vegaeの順となっているが、birulaeはIOCではvegaeに含まれていると思われる。最近買った本ではbirulaeとvegaeとの違いが書いてある。まだ熟読できていないし、できたとしてもこれは難しそう・・・。で、この話題はこのくらいにしましょう。セグロカモメの繁殖地は
    https://zukan.com/jbirds/question/6266
    の整理のときに、図を描きますので、何かあればそちらへ。

    2018.04.15 22:52 ·不具合が発生しました.報告する
  • Misodaさんが買った本にはセグロとビルライの違いが書いてあるんですか!?
    ぜひとも教えてほしいです!!
    ビルライと思われるカモメは何回か観察しているのですが、そもそも正確な識別方法を知らないので…。ネットで探しても、意見はバラバラで、なんとも言えません。

    もしよければ、教えてくださいm(__)m

    2018.04.16 15:42 ·不具合が発生しました.報告する
  • きびたんさん
    とりあえず https://zukan.com/u/2252 にあるメールアドレスのところへ「ビルラの資料見せて」とメールください。原文で良ければすぐに返事します。

    ベガとビルラについて20行程の記述があります。「ビルラ:丸みのある頭と少しより長い翼とともに、ベガより小さくてより明るい。・・・」

    2018.04.17 02:19 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する