投稿者 yama-g60 yama-g60
撮影場所

日本 北海道 函館市松倉川

撮影日

2017 /12 /9

雌雄など

夏冬羽など

投稿者コメント

毎年単独飛来のオオバン君。近場の川の冬の準レギュラーで、長期滞在というよりは、シーズンのどこかで顔を見せてくれるタイプ? いつもやってくるのは決まった個体なんでしょうね。もちろん人間が多くて狭いエリアなので群れの受け入れは無理ですが。冬の常連さんたちはほぼ出揃いました。今季未飛来はあと1名(種)…早く顔を見たいです。

運営サイト
投稿日:2017.12.09

コメントをお書きください

3 Comments
  • こんばんは!この画像綺麗です。
    全体に黒っぽいこの個体は上手く撮影出来ません。昔岡山ではこの種はあまり見かけませんでしたが、今はあちらこちら観察出来る定番種になった様・・?(フィルム時代の20年以前位)
    カルガモと同じように留鳥している様にも思いますが。

    2017.12.09 18:30 ·不具合が発生しました.報告する
  • ELL SHOJI さん コメントありがとうございます。
    黒い鳥は光線の向きで全然印象が違ってしまいますよね。後から画像修正するよりも、はじめから露出補正+で撮ったほうが良いようですが、瞬時の判断が難しいケースも多いです。このカットはついふだんの露出補正-のまま撮っていますが、太陽光がよく当たってこうなりました。でも被写体が止まりきっていないコンデジ画像ですけどね…。

    2017.12.10 09:01 ·不具合が発生しました.報告する
  • yama-g60さん、順光でのベストショットですね。
    捨てる神あり、拾う神ありですかね・・?

    2017.12.10 20:09 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する