読み込み中 . . .
中止
投稿者 Akira Misoda Akira Misoda
撮影場所

日本 三重県 鈴鹿川派川河口

撮影日

2016 /9 /24

雌雄など

未成鳥(幼鳥など)

夏冬羽など

投稿者コメント

シギの仲間。黒くて真っすぐな嘴、サブターミナルバンド(羽縁の内側の黒帯)が明瞭で羽色は灰色→コオバシギ幼鳥。
腰のところに斑がある、足の黄色みが強い(キアシシギほどではない)、胸の斑が薄い、などもコオバシギの特徴。

コメントをお書きください

2 Comments
  • 三重県がシギの宝庫なのか?Akira Misodaの洞察力、調査能力が鋭いのか?見たことも聴いたこともない野鳥にちゃんと遭遇していますね。私のシギに会った種類数は5種くらいあるかな?

    2017.04.18 16:50 ·不具合が発生しました.報告する
  • 海岸は遠いのでどちらかと言えば森に行く方が多いのですが、三重の熊野灘~伊勢湾沿いはシギチの通り道らしく多いですね。また、石川の千里浜も多いので、そういうルートでオーストラリア、ニュージーランドと北極圏を行き来きしているようです。特に春の渡りは賑わいます。

    2017.04.18 23:42 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する