読み込み中 . . .
中止
投稿者 Tassy Tassy
撮影場所

日本 福岡県 福岡市西区

撮影日

2016 /10 /23

雌雄など

夏冬羽など

投稿者コメント

干潟に注ぐ河口付近を引潮時に探鳥すると縄張りがあるのか少しずつ距離を置いてダイシャクシギが4羽いました。この個体はずっと動かず休憩してました。腹の黒褐色斑がまばらで体下面と腰が白いのでダイシャクシギと判断しました。(下面が素焼きの土鍋の色(焙烙(ホウロク)の色)をしているのでホウロクシギのご指摘を受けホウロクシギに変更しました)

運営サイト

コメントをお書きください

2 Comments
  • これはホウロクシギ。下面が素焼きの土鍋の色(焙烙(ホウロク)の色)をしています。

    Tassyさんはご自身でよく調べられているので、こちらで同定のし直しは控えておきますよ。調べ直して納得できたらご自身で同定しなおすか(他の方にも参考になるよう経緯を残す)、削除して再投稿してください。

    2016.10.23 23:09 ·不具合が発生しました.報告する
  • Misodaさん、ご指摘ありがとうございます。初めて見る鳥だったので図鑑で調べてホウロクシギは体下面や腰に黒褐色斑があるのかと思ったのでダイシャクシギとしましたが、ご指摘通り下面は白ではなく焙烙(ホウロク)の色でしたね。大変勉強になりました。やはり鳥の識別はホント難しいですね。でも、シギ類の中で最大の鳥に出逢えたのですから、ホントは嬉しかったりしてます。

    2016.10.23 23:38 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する