読み込み中 . . .
中止
投稿者 和尚 和尚
撮影場所

日本 三重県 伊賀市

撮影日

2016 /5 /31

雌雄など

夏冬羽など

投稿者コメント

Misodaさんの投稿から遅れること3週間、やっとこちらでもヒナが観察できました。両親が畦を歩いている人にものすごい威嚇をしていたのでわかりました。こちらは車の中からそっと撮ってすぐに立ち去りました。カラスなどの天敵に場所を教えることになりますから。

コメントをお書きください

7 Comments
  • おお!これがケリの雛ですか。雛は親鳥のような怖い顔ではなく、あどけなくてかわいいですね。私も実物を見てみたい!

    2016.06.01 18:46 ·不具合が発生しました.報告する
  • ひげじいさんこんばんわ。両親は傍らで目を光らしています。車から降りての観察はかなりの距離が必要、車中からこっそりの撮影です。
    しかし所作がかわいいです、無事の成長を祈っています。

    2016.06.01 22:30 ·不具合が発生しました.報告する
  • 投稿ありがとうございます。こちらでは家族の思われるグループも見かけるようになりました。ケリもサギも普段からよく見かける鳥が、いつも通りにいると安心します。

    2016.06.02 08:13 ·不具合が発生しました.報告する
  • 本当に頑張って生き延びてほしいと思います。カラス等の天敵がいっぱいなので。

    2016.06.03 09:06 ·不具合が発生しました.報告する
  • 和尚さんおはようございます。
     今季は二回撮り損なっています。二回とも田起こしで惨憺たる有様でした。プロの農家なら今の時期は、知っていると思うのですが。以前、テレビのニュースで、田圃の真ん中で抱卵しているケリさんに対して、土もりしてその周りだけを耕運機で田起こししている場面を見ました。その優しさに感動しました。

    2016.06.05 09:13 ·不具合が発生しました.報告する
  • 鳥撮りじいさんさまこんにちわ。
    悲しいことですがそのような認識の農家さんは稀有だと思います。私は職業柄(郵便配達)いろんな悲しいシーンを配達中に見てきました。空気銃で標的にする人、ヒナを捕まえて悲しげに上空で鳴く親鳥に見せる人、どれだけ仕事中に怒鳴りたかったことか・・・。ちょっと考えてあげればいいのにと思うことばかりです。ネットで検索すれば平気でいろんな野鳥を捕まえて食べたり殺したりするのを楽しむ記事や画像が出てきてゾッとします。
    そんな農家の方が増えるといいなぁ。

    2016.06.05 18:37 ·不具合が発生しました.報告する
  • こちら方面ではヒバリやケリがたくさん居た辺りにそろそろ雛がみれるか?と思って久しぶりに行ってみると耕運機で耕された田んぼには水が張られ、田植えの準備ですっかり風景が変わっているのに驚きました。ヒバリもケリもそれまでに雛が巣立ちできたとは思えません。悲しいことですが農家の方々も生活がかかっており、鳥達がもっと安全な繁殖場所を見つけられるよう進化するのを期待するしかないのかも?

    2016.06.05 21:36 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する