投稿者 sinken sinken
撮影場所

日本 北海道

撮影日

2019 /7 /29

雌雄など

未成鳥(幼鳥など)

夏冬羽など

投稿者コメント

和名 タンチョウ(丹頂)
鳥綱ツル目ツル科ツル属
名前由来 丹頂の「丹」は「赤」の意味で、頭頂部の皮膚が露出し、鶏冠のように赤いところからの命名。
この種が「タンチョウ」と呼ばれるようになったのは、江戸時代に入ってからである。
奈良時代には、他のツルと区別されておらず、単に「たづ(鶴の古名)」や「つる」と呼ばれていた。(語源由来辞典より)

投稿日:2022.06.14

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する