読み込み中 . . .
中止
投稿者 トリビオ (’◇’) トリビオ (’◇’)
撮影場所

日本 千葉県

撮影日

2021 /10 /2

雌雄など

未成鳥(幼鳥など)

夏冬羽など

冬羽

投稿者コメント

トウネンも羽色のバリエーションが多く、悩みます。
この個体は、肩羽の先に残る褐色の羽縁が成鳥夏羽のそれとは異なって見えますので、第一回冬羽だと判断しました。上背のパターンも幼鳥っぽいです。

Shorebirds of the northern hemisphere を読んでいたら、以下のことがサラッと書いてありました。

Red-necked Stints do not breed until their third calendar year. Second calendar year birds remain in non-breeding areas and acquire limited breeding plumage. (トウネンは3年目まで繁殖を行わない。2年目の若鳥は越冬地に留まり、夏羽への換羽も限定的である。)

今年生まれが (まさに当年!)、ここ東京湾に留まって越冬してくれるとしたら、来年の春の渡りのシーズンは、さらに観察の楽しみ (悩み) が増えます。(’◇’)

運営サイト

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する