投稿者 健
撮影場所

日本 三重県

撮影日

2019 /5 /25

雌雄など

夏冬羽など

投稿者コメント

[五十雀]雰囲気の変わったゴジュウカラです。
過眼線がしっかりとした黒いライン、しっかりした黒い嘴。

違和感を感じるのは背中全体と風切りと色合いです。

投稿日:2020.05.14

コメントをお書きください

3 Comments
  • こんばんは。

    まだ冬羽なのでしょうか、むずかしいですね。
    振り向き加減は、まさに「健さん!(高倉か!)、を連想します。

    「ゴジュウカラ」と言われれば、三船敏郎の「用心棒」の台詞、
    「名前か・・・・、桑畑三十郎。もうすぐ四十郎だがな」よろしく、
    「わたしですか、もうすぐ六十カラですが・・・」、です。

    未だ見かけることのない野鳥です。
    おそらく、六十カラで笑いを買うつもりが、すべるでしょう・・・。

    2020.05.15 01:15 ·不具合が発生しました.報告する
  • 法城寺さん、おはようございます。コメント有難さんです。

    振り向き加減は高倉健さん!最高ですね。

    北海道に行くと先ずは夕張へ行って健さんと倍賞千恵子さんに挨拶に行きます。 

    そう言えば僕はもう直ぐ七十雀になります。どの様に囀りましょうか!

    2020.05.15 06:34 ·不具合が発生しました.報告する
  • 健さん

    おはようございます。
    やはりこのゴジュウカラのように寡黙な振りむき方を覚えたいものです。
    人間五十年ではなく、五十から、いえいえ、今や八十からの時代です。
    花鳥風月を楽しみ、高倉健さんのような渋い境地に立ちたいものです。

    この画像の振りむき方、渋さが感じられます。

    2020.05.15 06:54 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する