読み込み中 . . .
中止
投稿者 thunderbird thunderbird
撮影場所

日本 北海道 苫小牧市

撮影日

2020 /4 /5

雌雄など

オス

夏冬羽など

投稿者コメント

今日は番でいましたが、鳴き声がいつもと異なり短く激しく鳴いていました。繁殖時のメスを呼ぶ鳴き声なんでしょうね!近くにいたアカゲラもメスを追いかけ激しく鳴いていました。

コメントをお書きください

3 Comments
  • こんばんは。

    アカゲラと言い、クマゲラと言い、白い部分は置いといて、赤と黒、ジョニーウォーカーを連想してしまいますね。
    昔は海外旅行の土産の定番、ボトルキープのステータスでしたねえ・・・。
    今や、ジョニ赤なぞ、ドンキで千円ちょっとですもん。

    しかしキツツキ科の鳥たちの頸椎や背骨はどれだけ柔軟かつ強固なんでしょう、ドラミングの速さ、初めて見た時驚きました。

    2020.04.05 20:01 ·不具合が発生しました.報告する
  • 法城寺様
    こんばんは
    今日はかなり大きい音でドラミングしていたので丘陵を100m程登っていくとクマゲラが居ました、アカゲラの数倍ダイナミックなドラミングですよ。1度巣穴を作るところを見ましたが、2cm位の木くずが木の根元に積もるほどでした。

    2020.04.05 21:07 ·不具合が発生しました.報告する
  • thunderbirdさん

    こちらでは見ることのないキツツキ科です。他のキツツキ科の諸鳥と比較して首が長く、稼働範囲が大きく見受けられます。それでドラミングのスピードが速ければ「仕事量」並びに「加速による衝撃力」の増が見込まれるので、それに「音」が増幅されるのではないでしょうか?理科は苦手でしたので素人考えですが。

    2020.04.06 01:49 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する