読み込み中 . . .
中止
投稿者 misago misago
撮影場所

日本 愛知県 美浜町布土

撮影日

2020 /1 /13

雌雄など

夏冬羽など

投稿者コメント

今シーズン初の地上ツグミ。この後、別の場所の畑にいた群れは私の姿が見えたとたんに林の中へ。小鳥の絶対数が少なく、猛禽類から狙われる確率が高いせいですかね。猛禽類も餌となる小鳥が少なく生きていくのは無理と判断したらしく、近頃益々激減。まったくの悪循環です。

コメントをお書きください

2 Comments
  • misagoさん、今晩は!!  小生の探鳥フィールドには
    ツグミさんは結構いますね。
    猛禽が良く現れるMFではムクドリの群れ、南下してきたヒヨドリ、
    カワラヒワ、ホオジロ、ニュウナイスズメも多い様に感じられます。
    でも、こちらは例年よりシロハラ、アオジ、ルリビタキが少数の様です。
    今季は今だにルリちゃんに会えていません。(悲しいね)
    ジョウさんの雌雄は何時も観察させて頂いておりますが。
    ついつい長くなりましたが、これからもよろしくお願いします。

    2020.01.14 22:07 ·不具合が発生しました.報告する
  • ELL SHOJIさん こんばんは。
    返信が遅くなりまして大変申し訳ないです。今気が付きました。
    知多半島は昨年もそうでしたが、まったくと言っていいほど小鳥が居ません。ホオジロさえ最近見えるようなり、ただただ歩き疲れるだけの連続です。小鳥がいない、エサが無いので猛禽類も今シーズン初めより非常に少なくなり、小鳥は狙われる確率が高いのか、アオジさえもすぐボサに隠れ、いまだまともに観察できない状態です。
    こちらこそどうぞよろしくお願いします。

    2020.01.17 22:56 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する