読み込み中 . . .
中止
投稿者 歩中 歩中
撮影場所

日本 京都府 京都市 伏見区

撮影日

2019 /10 /17

雌雄など

夏冬羽など

冬羽

投稿者コメント

2日前の10/15にノビタキを初見・初撮りでしたが、写真がイマイチで写真投稿せずでした。
今日こそ良い写真で投稿しようと、再度同じ場所に行きリベンジしましたが、2羽のノビタキに再会できたものの今日も写真はイマイチでした。
2羽なので、てっきり番と思い雌雄をこのコーナーに質問しましたが、アカヒゲさんより下記のどちらも♀冬羽に見えるコメントいただき、私もそのように思いノビタキの♀冬羽で投稿します。
https://zukan.com/jbirds/question/9969

運営サイト

コメントをお書きください

1 Comment
  • 最初はメスで投稿しましたが、アカヒゲさんのコメントにあるように、
    >今の時期のノビタキは、沢山の幼羽も混じるので雄雌の判断は、確実にできる個体(夏羽の痕跡が残る雄など)もいれば、判断しづらいものもいると思います。・・・春に渡ってくる個体は雄雌の判断がわかりやすいので、秋の渡りを今楽しみつつ、来期帰ってくる春の個体で雄雌を楽しまれては如何でしょうか? 。
    とのコメントにもあるように、他の有識者の方からも同じようなご意見を頂きました。
    それで私も、この図鑑の皆さんの投稿写真や図鑑などの見直し、雌雄の識別は無理にしなく良いのではと思い直しました。
    よって、メスと記載したのを空白に訂正し、来春に帰って来るであろう春の個体で勉強し直したいと思います。

    2019.10.21 21:10 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する