読み込み中 . . .
中止
投稿者 お節介爺 お節介爺
撮影場所

日本 大分県

撮影日

2019 /2 /28

雌雄など

夏冬羽など

投稿者コメント

久しぶりにタシギが居る場所に行くと、案の定いつもの場所で発見し、車の中から撮影。タシギが夏羽に換わったのだろうと思いながら、帰って図鑑をめくると夏羽のタシギなどはなく、初めて出会ったタマシギだと分かりビックリ。「マ」ぬけでした。さらに、「絶滅危惧Ⅱ類(VU) ・・・危急」のタマシギだと分かり、またまたビックリです。後ろから、クラクションを鳴らされ、そそくさと退散し、じっくり撮影できませんでした。

運営サイト

コメントをお書きください

3 Comments
  • 楽しいコメントを拝見して同感です。
    観察の夢中時は頭の中は真っ白ですね? 他の方に迷惑かけますので
    極力人気の無い所での一人鳥見でと思っていますが、時々胸騒ぎします。

    2019.03.03 19:32 ·不具合が発生しました.報告する
  • 三年前に子育てする父子がホテイアオイの畠で観察できました。その後、二年続きで姿観察されず。地元の方の話では、カラスにやられたそうです。自然は厳しい。

    2019.03.04 14:16 ·不具合が発生しました.報告する
  • ELL SHOJIさん、鳥撮りじいさん、コメントありがとうございます。水路を跨いだ農道から撮影をしていました。時々後方を見ながら撮影していましたが、合焦に夢中になり、うっかりでした。
     羽根が一枚落ちそうになっているのが気になっています。このつがい?来年もこの場所に来てほしいものです。

    2019.03.04 19:19 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する