読み込み中 . . .
loading
中止

記事一覧へ戻る

「ウッカリ」ではないですかね?

[ 記事No.6895 ]
6件のコメント
「ウッカリ」ではないですかね?
お世話になります。先日、三浦半島の潮溜まりで釣れた個体です。10cm程度のお子さまです。
これまで釣った数あるカサゴと比べて何か違和感があり、写真を見なおしてみたところ、側線付近に白斑が多く、黒く縁取りされているようにも見えます。一方、あまりに浅いところで出ましたし、胸鰭軟条数は18なので、やはりカサゴっぽいとは思いますが。。いかがでしょうか?
画像1
画像1
画像2
画像2
どんどん下のほうに隠れて行ってしまったので、コメントして上に上げます(苦笑)。
投降後もいろいろ調べてみたのですが、あいかわらずよくわからずにいます。アドバイスお願いいたします。
胸鰭は左右共に18でしたでしょうか?このサイズのウッカリを画像でも見た事がないのでなんとも言えない部分もありますが、ウッカリにしては体の大きさと比較して白班が全体的に大きいように感じ、カサゴの白班がはっきりしてるタイプの範疇に入るのかなと私は感じました。
MARI-Jさん
コメントありがとうございます。反対側の写真はありませんが、目視では18だったように思います。おっしゃるように、カサゴあなぁとはもともと思っているのですが、このくらいの大きさの、信頼できる画像が見つかりませんで、ひょっとしたら?とまだ思ってたりします(笑)。お子様はいったいどこに居るんでしょうね?浅場/深場に関わらず、釣れてもいいと思うのですが。
よくよく考えてみると不思議ですよね。同じような水深に生息しているアヤメカサゴもこの程度のサイズのものが釣れたという話は聞きませんし、フサカサゴ科にはなりますがオニカサゴやイヌカサゴも浅い水深にいるはずなのにこのサイズが釣れたという話は聞いた事がないですね。
確かに暗色に縁取られている様にも見えますが、カサゴにもウッカリカサゴに似た個体がいて、これ位のものはいる様です。
又、ウッカリカサゴにもこれ位のものがいる様ですので、注意が必要です。
体色や、ほかの条件を考慮すると、カサゴが近いかなと思います。
あと、小さいのが釣れにくいのは、昔から根魚は大きなムツ針に大きな餌で深場を狙う習慣がある事も影響している様な気がします。
みなさま、ありがとうございました。やっぱりねー、って感じです。僕の釣り方(浅場専門)だと、出会えない可能性が高そうですね(泣
※ コメントするにはログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する