読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

[ 記事No.5406 ]
14件のコメント
ウオノエ
釣り上げたテリエビスを捌こうとしたら、鰓蓋の下にウオノエが着いていました。
去年友人が釣ったアヤメエビスの鰓にもウオノエが着いていたのでイットウダイ属が宿主の種類かと思います。

以前こういったウオノエが上がったら、送ってほしいという機関がありませんでしたっけ?
今の所、内臓も出さずに冷蔵庫で保管しています。

画像は全て同一個体です。
※節足動物が苦手な方はアップ画像にご注意ください。
画像1
画像1
画像2
画像2
画像3
画像3
画像4
画像4
画像5
画像5
愛媛大学でウオノエの研究を行っている研究室があり、そこがかつて標本を集めていたように思います。
自分の方から必要かどうか聞いてみます。しばしお待ちください。
連絡を取ったところ、ちょうど南西諸島のウオノエを集めているそうで、ぜひ送っていただきたいとのことです。以下の住所に送っていただけますでしょうか?

〒060-0810札幌市北区北10条西5丁目北海道大学大学院 地球環境科学研究院 川西亮太宛。

冷凍、着払いで構わないとのことです。また宿主の魚ごと送っていただき、
その際に採取年月日・採集地などの情報も同封いただけると助かるそうです。

宜しくお願いいたします。ちなみにこのウオノエはサカイヤドリムシではないかとのことです。
>Ryota Hasegawaさん
お取り次ぎありがとうございました。
本日クール宅急便で発送いたしました。
到着は12月1日の金曜となるそうですが、天候に左右されるとの事です。
この時期の北海道の天気はどうなのでしょうか?
休日に入った場合のお受け取りは可能でしょうか?

お手数ですが、その旨、先方にお伝えいただきたいです。
“サカイヤドリムシ”をググってみましたが出てきませんね。
こちらの論文で出ている“サカイエビスエラヌシ"というのが同一の物かもしれません。

https://www.jstage.jst.go.jp/article/can...

タイノエとかは有名ですが、この論文によると日本のウオノエはまだまだ研究されていないのですね。
対応していただきありがとうございます。
すでに札幌は雪が降っていますが、雪には慣れているはずなので飛行機が欠航などしない限りは予定通り着くと思います。
休日でも大学院の方は空いているはずなのでおそらく大丈夫かと…。
天候に左右されるということはしっかり伝えておきます。

おそらくその「サカイエビスエラヌシ」が近そうですね。
あまり研究が進んでおらず、理由の一つとしてなかなかサンプルを集めにくいというのがあるようです。ですので、また今後見つけた場合には連絡して頂けると助かります!
>Ryota Hasegawaさん
申し訳ありません。
採集場所などの情報を同梱していませんでした。
追って郵送いたします。

また、テリエビスの口腔内には飲み込んで取りきれなかった釣り針が残っています。
解剖の際など気をつけるよう先方にお伝えいただきたいです。
エビス類のウオノエは結構遭遇できると思うので、また見つかりましたらWEB図鑑でも報告したいと思います。
採集場所と釣り針の件、承知しました。
宜しくお願いいたします。

自分があまり沖縄の魚に詳しくないというのもあるかもしれませんが、エビスにもウオノエがいるというのは意外で、今回が初耳でした。
ぜひ、また宜しくお願いいたします。
それと、土日はやはり受け取れないため金曜に到着しない場合は月曜日になるだろうとのことでしたが、冷凍してあるのであれば大丈夫でしょうとのことでした。
>Tsuneyoshi Futemmaさん
はじめまして。このたびは、貴重な標本をご提供いただきありがとうございます。また、釣り針の件等、お心遣いいただき恐縮です。受け取りの件は、Hasegawaさんに書いていただいたとおりです。

ウオノエ類に遭遇することが多いとのことで、今後ともよろしくお願いいたします。採集地の情報等、ウオノエ研究用のメールアドレス(uonoe_projectあっとyahoo.co.jp)に直接ご連絡いただく形でも問題ございません。

ウオノエ類について少し説明いたしますと、
サカイヤドリムシ(Cterissa sakaii)は、山内(2016)(リンクを張って頂いた論文)によってサカイエビスエラヌシへの「改名」が提唱されています。しかし、標準和名をむやみに改名することは混乱の元となるので、よほどの理由がない限り行うべきではありません。現状では改名を行う必要性を感じないことと、サカイヤドリムシの原記載者(=名付け親)への敬意を表して、私はサカイヤドリムシという元々の標準和名を使用している次第です。

>Hasegawaさん
ご連絡いただきありがとうございました。これを機にID登録させていただきました。引き続きよろしくお願いいたします。
>Tsuneyoshi Futemmaさん
書き込んだ直後に配達の方が来て、拝受致しました。ありがとうございました!
まずはお礼までにて。
>Ryota Kawanishiさん
わざわざIDまで作っていた上にコメントまで、ありがとうございます。
こちらこそ、宜しくお願いいたします。
>Ryota Kawanishiさん
お心遣いありがとうございます。
遅ればせながら、無事お受取りいただいたとの事で安心しております。
採集地情報については、お言葉に甘えてメールにてお送りしております。
ご確認くださいませ。
送るのが遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

“サカイヤドリムシ”の方が現状での正式名称なのですね。
愛媛大学の畑准教授によれば起源が古いと思われる種との事なので、勝手に浪漫を感じております。
また何かありましたらよろしくお願いいたします。
魚図鑑で投稿されるのも楽しみにしております。
>Ryota Hasegawaさん
この度は奔走いただきありがとうございました。
何か珍しい物が見つかったらまた報告していきますね。
※ コメントするにはログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する