読み込み中 . . .
中止

記事一覧へ戻る

珍しいのが釣れました

[ 記事No.15294 ]
3件のコメント
珍しいのが釣れました
同定をお願いします。
アオスミヤキのような個体が釣れました。
フィリピン、ザンバレス地方で、水深は350ⅿ、エサはイカです。
写真は20枚くらい撮ったのですが、海が荒れていたためにうまく撮れず、調べてみるとまともに撮れていたのはこの3枚だけでした。
画像1
画像2
画像3
これはスゴいですね!
アオスミヤキも十分といえるほど珍しいのですが、これはそのさらに上を行く種で、「エラブスミヤキ」という和名が付いています。
2014年に鹿児島県の口永良部島から得られた2個体に基づいて新種記載されたのですが、それ以来国内でも海外でもまったく標本が得られていません。もし標本があればほぼ間違いなく新産地になると思いますし、標本がなくても写真だけでかなりの価値をもった資料になると思います。
ちなみに特徴はなんといっても眼が大きいことです。アオスミヤキもそれなりに大きいのですが、吻長とほぼ同じ、というほど大きくはありません。あとは第1背鰭の前部と縁辺が黒いこと、腹部に沿う側線が鰓蓋の下を通ることなどもエラブスミヤキと他種を見分けるうえでの識別点になります。
えええええええええ!
そんなに超貴重な個体だったのですか。
言われてみると目玉がやけに大きいですね。
アオスミヤキの写真が、この図鑑に1枚しかなかったので、「これかな~」と思っていたんですが、エラブスミヤキですか。
標本どころか、美味しく食べてしまいました。
せめてまな板の上での写真も撮っておくべきでしたね。
魚は右向いているし、拡大写真も頭のやつ一枚しかないし…
エラブスミヤキに投稿させていただきます…
同定ありがとうございます。
次回似たのが釣れた時は慎重に致します。

家で撮ったエラブスミヤキの写真を妻が撮っていましたので投稿します。
黒くなってしまって参考になりません(笑)
下のはヒレジロマンザイウオのマリネです。
※ コメントするにはログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する