読み込み中 . . .
中止

記事一覧へ戻る

ハマダイ属未同定種

[ 記事No.15267 ]
7件のコメント
ハマダイ属未同定種
ハマダイ
投稿情報 No.63136
2014 /12 /6
南アフリカ KZN州シェリービーチ
この個体は私が未同定種で登録しているタイプと同じです。
メキシコで釣れるハマダイもこのタイプが多いです。
日本国内では未記載種です。
このタイプとは別に問題提起をしているハマダイがいます。
未同定種で登録してありましたが、15年以上解決の糸口がないので
削除しました。
画像1
ご指摘の投稿拝見しました。
確かに日本に分布するハマダイとは些かシルエットが異なるようですね。尾鰭の形状など特に顕著だと思います。ただ、日本と南アメリカでは種分化するに足るほどの地理的隔離があるので、南アメリカの個体が画像1のタイプと同種であるかに関しては実際に標本を集めて、各計数形質や遺伝子等を比較してみないと分かりませんね。
一応、南アフリカの魚種リストを見る限りだと、同国でのハマダイ属の記録はハマダイのみに限られていて、このタイプも本種とされているのですが、ご存知の通りハマダイという魚は分類的に非常にややこしい問題を抱えていますし、日本に分布する典型的なハマダイと差別化を図るという意味合いも込めて、今回はハマダイの未同定ということで処理しておきましょう。
ちなみに、長い間世界のハマダイ属は4種(メキシコで水揚げされるものはこのうちの、大西洋の種であるEtelis oculatus)とされていたのですが、今年の3月になって5種目が新種記載されました。Etelis boweniというハチジョウアカムツ似の種で、日本にも分布する可能性があるようです。
このように、ハマダイ属は水産資源として世界的に人気で、漁業管理のための研究も盛んに行われているので、件のタイプが新種となることも他の魚種と比べれば十分期待できると思います。
ありがとうございました。
色々とお手数をおかけします。

>>標本を集めて、各計数形質や遺伝子等を比較してみないと分かりませんね。

15年くらい前に、宮崎県の魚類研究者が私財でハマダイ標本を集めていました。
深海釣り専門の本職漁師の間では、アフリカ系のハマダイを
【ネブト】の名前で分けていました。
ハマダイと比較して尾鰭のつけね部分が太いからです。

15年くらい前に、宮崎県の魚類研究者が私財でハマダイ標本を集めていました。
自分が所属する漁協組合と調整をしていましたが失敗しました。
私が島を離れて留守の間の出来事で、後で話を聞いて愕然となりました。
話の内容が幼稚過ぎて、ほんまに情けなく思いました。

沖縄県の研究者は
あぁーそれね 知ってるよ あそこらへんのあれでしょ?
それは私が知っている案件で、よく知っているとの答えが返ってきました。

あれから15年。。。

>>日本に分布する典型的なハマダイと差別化を図るという意味合いも込めて
アフリカ系ハマダイをハマダイ未同定1

それと別の項目として
メキシコ系ハマダイ ハマダイ未同定2

項目を追加して頂ければ
怪しい、疑わしい メキシコ系【仮】の個体の写真が投稿できます。
是非とも検討してみて下さい。よろしくお願いいたします。

参考まで
メキシコ系ハマダイは 頭部が全体に小さく、目が大きいのが特徴です。
顔の吻は尖っていてスマート、歯が発達しています。
尾鰭はハマダイみたいに長く伸びない。

アフリカ系ハマダイ
ハマダイと比較して尾鰭のつけね部分が太い。
尾鰭の形状ははハチジョウアカムツに近い。
目が大きい。
ずんぐりむっくりの体系、水揚げされる個体は10kgを超える超特大が多い。
共通点
普通のハマダイより大きな個体が多い。
ハマダイは10kgを超える個体は極稀ですが
アフリカ系、メキシコ系は10kgが標準。
特徴が際立つのがこの大きさだからと推測。
昨年、海外からQ&Aに問い合わせがあった個体がメキシコ系ハマダイでした。
一生懸命に説明を書きましたが、依頼者 運営スタッフからの返信もなく、むかついたので削除したので覚えています。Q&Aの記事検索は出来るのでしょうか?
ハマダイ未同定2 項目追加の件、検討して頂けましたか?みんなで作る魚図鑑、なんら不利益はないと思うのですが。そもそも色んなバリエーションのハマダイ未同定を上げていたのですが、近年複数種いることがハッキリしてきたので、細分化して見やすくするだけの話しです。WEB魚図鑑のプラットフォームを利用させて頂いている立場なので、無理でしたら脱退して他で活動します。
返信に気づくのが遅くなりまして申し訳ありません。

ハマダイ属未同定種の項目ですが、未同定種というのがそもそも、その分類群において正体が分からないもの、同定が難しいものを種類問わず暫定的に入れておくための便宜上のものなので、今回のように種を分けたいという場合、“未同定種”でバリエーションを増やすのは不適当だと言えます。そこで、奄美で獲れているタイプのものをハマダイ属の1種1、南アメリカで獲れているものをハマダイ属の1種2として、項目を追加してみました。ご確認いただけると幸いです。

>Q&Aの記事検索は出来るのでしょうか?
現時点で過去のコミュニティに上がった記事を検索する機能は実装されていません。私はページの編集、魚種の同定を任されている一介のボランティアに過ぎないので、システムの管理・運営に直接関わっているわけではないのですが、つい最近、検索機能を追加してほしいという要望がありまして、開発の方も目を通して下さっているので、もしかしたら今後のアップデート次第で実装されるかもしれません。
お手数をかけました。ありがとうございます。
早速、利用させて頂きます。
※ コメントするにはログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する