読み込み中 . . .
中止

記事一覧へ戻る

同定をお願いいたします。

[ 記事No.10697 ]
7件のコメント
同定をお願いいたします。
石垣島の夜の港で釣れたフエフキ系の魚です。
タテシマフエフキのように見えましたが、釣り上げてリリースするまでオレンジ色の縦縞は出ることがありませんでした。
アマミフエフキの幼魚の可能性などもありますでしょうか。
もしよろしければ詳しい方、同定をお願いいたします。
画像1
画像1
決め手を欠く感じですね。
TRac=6なので、アマミフエフキなど5のものは可能性を排除できるかなと思います。
よく見ると鱗に青点が浮かんでいますし、頰にもうっすら青線の痕跡が見て取れなくもないようなので、案外普通にハマフエフキかもしれませんね。
黒っぽい模様が浮いてからの写真はありませんか?
長嶋さま

コメント並びに各ご指摘ありがとうございます。
釣り上げて数分、ほとんど黒っぽい模様も浮かばなかったのです…。
辛うじてこの写真が、先の写真よりも僅かに模様が浮き出ている気もいたします。
ご確認いただければ幸いです。
画像1
画像1
長嶋さま

こちらはリリース直前の写真です。
参考までにご覧いただければ幸いです。
画像1
画像1
確かにぱっと見の印象は色とか吻の角度とかタテシマぽいですよねえ。
ちょっと模様浮いた感じもやっぱりハマではない気もしますね。
ここはMikiさんや西野さんなど、きっちりご覧いただける方のご登場を待つのがよさそうですね。
ぼくも楽しみです!
長嶋さま

貴重なご意見ありがとうございます!
確かに、ぱっと見はタテシマの印象が強いではあったのですが、それ以外の魚である可能性に期待する気持ちを拭いきれず…。
しかしこれがタテシマの体色の一つのパターンであると確証が得られれば、それはそれで嬉しい発見です。
引き続き情報を集めたいと思います。
 側線鱗の一列上の鱗がほぼ連続して淡色であり、目立つラインを形成しています。
 このパターンはタテシマフエフキに見られるパターンです。
 対して、ハマフエフキでは断続的で間に暗色の鱗が入るパターンが多いです。
 他種も見て見ましたが、条件が当てはまる種がおらず、縦帯が出現していない状態のタテシマフエフキとしか考えられない状況です。
西野さま

ご教示まことにありがとうございます!
たいへん勉強になりました。

また何かありましたらどうぞよろしくお願いいたします。
※ コメントするにはログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する