読み込み中 . . .
中止
投稿者 Akira Yamauchi Akira Yamauchi
撮影日

2017 /3 /28

採集場所

ワイキキの水族館

全長

10.0cm

採集方法

水深

底質

その他

餌など

小魚

投稿者コメント

コメントをお書きください

5 Comments
  • カエルアンコウ属の魚ではありますが、種としてのカエルアンコウではないのでは。背鰭が見切れていますがどなたかお分かりになりますか?

    2018.03.27 21:10 ·不具合が発生しました.報告する
  • この手の魚には縁がなく、めっぽう弱いですが、後学の為に少し調べてみました。日本産魚で当てはめるとすれば、背鰭第2棘と胸鰭の形質からオオモンカエルアンコウもしくはイロカエルアンコウになるとは思いますが・・・海外で水族館の魚なのでなんとも言えません。

    2018.03.28 23:31 ·不具合が発生しました.報告する
  • MARI-Jさん、ありがとうございます。とりあえずカエルアンコウ種でないのは間違いないと思いますので、仮にオオモンカエルアンコウ未同定に移動しておきます。

    2018.03.29 16:22 ·不具合が発生しました.報告する
  • 立て続けにすみません。「waikiki aquarium frogfish」で画像検索すると、皮弁の色や位置から同一と思しき個体が「Commerson's frogfish」と紹介されていますので、オオモンカエルアンコウでおそらく間違いないと思われます。

    2018.03.29 16:30 ·不具合が発生しました.報告する
  • そうでしたか。イロカエルアンコウや他の外国産の種(単純に外国産の種を知らないだけですが)の可能性も否定できないものの、私の直感的な感覚ではオオモンだろうと踏んでましたので答え合わせのようなものが出来て良かったです。ありがとうございました。

    2018.03.30 00:58 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する