読み込み中 . . .
中止
投稿者 NOAH NOAH
撮影日

2011 /7 /8

採集場所

日本 長野県 養殖業者から取寄せ(神奈川県川崎市北部市場で購入)

全長

採集方法

水深

底質

指定なし

餌など

投稿者コメント

この魚は「信州サーモン(シンシュウサーモン)」の名で市場に出ている魚です。長野県水産試験場が約10年かけて開発し、種苗生産や養殖を行うために水産庁に申請したマス類の養殖品種です。2004年4月に承認されました。ニジマスとブラウントラウドをバイオテクノロジーを用いて交配した一代限りの養殖品種であるため、繁殖能力を持ちません。従って、万が一自然界に出ても繁殖しないそうです。稚魚から約2年間で全長50~60㎝、体重1.5~2㎏程度に成長します(長野県水産試験場の資料を引用)。味はというと美味しいのは確かなのですが、何しろどこでも食べられるというものではないので次に会う機会があるのでしょうか。現在、サーモン市場はアトランティックサーモンに支配されつつあるのではないでしょうか。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する