投稿者
撮影日

2023 /1 /12

採集場所

日本 沖縄県 美ら海水族館 エリア「サンゴ礁への旅 個水槽」にて展示中

全長

40.0cm

採集方法

水深

底質

指定なし

餌など

投稿者コメント

展示物の解説∶全長50cm近くになる。薄い褐色の体に2−3列の暗褐色班が並ぶ。これまで台湾やマルキーズ諸島で確認されていたが、2022年1月に奄美大島で捕獲され、日本近海における分布が初めて確認された。 ○今回の展示個体は観光で沖繩を訪れていた釣り人が2022年7月30日に釣り上げ、水族館に寄贈された全長40cmの個体です。○和名について∶本種は奄美大島で採集された標本にもとづき2022年11月に新和名「タピオカウツボ」が提唱されました。タピオカミルクティーを連想させる体色と模様が和名の由来です。

投稿日:2023.01.14

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する