投稿者 Kai Kai
撮影日

2022 /8 /14

採集場所

日本 静岡県 御前崎市

全長

5.0cm

採集方法

タモ網

水深

底質

指定なし

餌など

投稿者コメント

背中から胸鰭基部にかけて暗色縦帯がつながっているように見える、第二背鰭先端と臀鰭先端に明瞭な黒色斑がないことから本種に当たるのではないかと思いますが、確証を得た訳ではありません。側線有孔鱗数が29〜30個あるように見えるので、もしかしたら全く別種になる可能性も高いです

投稿日:2022.08.15

コメントをお書きください

2 Comments
  • まず、計数形質が大きく違う事はありませんので、クロオビマツカサではありません。
    第2背鰭の前縁と臀鰭の前縁に黒色域が僅かに見えます。
    眼隔域が広く、鰓蓋膜の黒色域が下方にまで伸びている事、分布、その他から、ナミマツカサであろうと思います。

    2022.08.16 21:10 ·不具合が発生しました.報告する
  • Kai

    西野敬さんにご指摘頂きました

    改めてよく見ると、やはり第二背鰭と臀鰭に黒色域がうっすらと確認できました。採取時点ではまだ幼魚なので、その成長段階における違いなのかもしれません。また側線有孔鱗数と、(死滅回遊の可能性もありながら)採集地の時点でも疑わしいとは思ってました

    西野敬さん、ご指摘頂き本当にありがとうございました!

    2022.08.17 04:28 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する