投稿者 沼
撮影日

2022 /3 /13

採集場所

日本 千葉県 金谷沖

全長

9.0cm

採集方法

釣獲魚類の胃内容物

水深

200.0m

底質

不明

餌など

投稿者コメント

金谷沖水深200mでアラ(Niphon spinosus)を釣り上げた際戦場で吐き出したものです。
形態的特徴からヒシマトウダイと推測されますが確定的な同定ができないため未同定とします。

投稿日:2022.03.17

コメントをお書きください

2 Comments
  • 体形(体高が高いなど)、場所、体長19cm以下であるにもかかわらず、体側に棘状の小骨板がない事、口がかなり斜め上を向いている事などから、ヒシマトウダイで良いと思います。

    2022.03.17 20:52 ·不具合が発生しました.報告する
  • 西野さんいつもありがとうございます。
    ヒシマトウダイは初めて見たので判断がつかず気になっておりました。

    2022.03.18 22:01 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する