読み込み中 . . .
中止
投稿者 釣りおじさんinシドニー 釣りおじさんinシドニー
撮影日

2021 /4 /14

採集場所

オーストラリア NSW州 Kiama

全長

60.0cm

採集方法

釣り

水深

10.0m

底質

岩礁

餌など

冷凍イワシ

投稿者コメント

アジの生き餌を全部オーストラリアンサーモン(鮭とは似ても似つかない不味い魚)に食われてしまったため、やむなく冷凍イワシで釣っていたところ何かがかかっていくら引いても上がってこない。これは大物に違いないと期待したのだが、重い理由は、いわゆるスレ掛りのせいだった。イワシを掛けていた二本針の両方がヒラマサの腹びれと尻びれの間に引っかかっていた。引き上げて計測すると持ち帰りサイズ65cmに至らない60cmでリリースの必要がある。本当はこのくらいの大きさがおいしいので、コッソリ持って帰って食べようかな、などという悪い考えがよぎるが、遵法精神旺盛な私がそんなことをするわけがありません。たまに検査官が崖をつたって見に来たり、駐車場で待っていたりする。もし捕まったら20万円ほどの罰金となるためここは厳格に従う他ない。この国は「法の不知はこれを宥せず(そんな法律があるなんて知らなかった、という言い訳は通用しない、という意味)」が徹底している。ヒラマサには、また会おうね、と言って帰ってもらった。

コメントをお書きください

3 Comments
  • オーストラリアは野生動物保護か何かで釣った魚を持ち帰れないのですか?

    2021.04.15 07:14 ·不具合が発生しました.報告する
  • 遊魚目的の釣りでは、持ち帰りサイズと数量が魚種別にヒラマサは65cm、マダイは30cmといった具合に決められていて、違反すると大きな罰金となります。それでも皆持って帰りたいので、ギリギリサイズに達したなかった魚の頭と落として元の長さがわからないようにしたり、引っ張って伸ばして持って帰る輩まで現れる始末です。一方資源管理には役立っているようで、減ってきた魚の制限は厳しくなります。これは州ごとにルールが異なりますがシドニーのあるNSW州では参考までにこんな感じです。
    https://www.dpi.nsw.gov.au/fishing/recre...

    2021.04.15 09:47 ·不具合が発生しました.報告する
  • ご回答ありがとうございます。
    英文は読みませんでしてが、ちゃんと容認サイズを示した魚種表があるんですね。
    地元でも"ちょっと待って帰り過ぎじゃない?"って思う人もいるので、その内日本にも適用されちゃうかもしれないですね。

    2021.04.17 23:25 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する