投稿者
撮影日

2019 /9 /3

採集場所

日本 東京都 式根島

全長

採集方法

釣り

水深

12.0m

底質

岩礁

餌など

切り身

投稿者コメント

運営サイト
投稿日:2019.10.17

コメントをお書きください

3 Comments
  • 頭部の模様がノトイスズミより黄色く鮮やかなこと、全体的に青みが強いこと
    また画像を明るくして確認したところ、吻背面の輪郭がノトのように眼前で落ち込まず、上顎も前に突き出ていたこと等から、ミナミイスズミになるのではないかと思います。

    2024.05.13 09:58 ·不具合が発生しました.報告する
  • ノトイスズミは釣ったばかりの時は背部が鮮やかな草色を呈する個体が多く、この個体もその名残りがあります。
    この個体の吻は短い事(ミナミイスズミの吻はもう少し長く、鳥の口状に見える傾向があります)、尻鰭が低目である事(ミナミイスズミでは高目)、尾柄が高めで平たくボテっとしている事(ミナミイスズミでは低くシャープで丸味がある傾向がある)、尾鰭があまり尖らず、シャープでない事(ミナミイスズミではシャープに尖る傾向がある)などから、ノトイスズミで良いかと思います。
    八丈島でもミナミイスズミは稀で、ほとんどがノトイスズミです。伊豆諸島北部に至ってはノトイスズミばかりで、イスズミもたまに釣れる程度、ミナミイスズミに出会った事はありません。

    2024.05.15 19:57 ·不具合が発生しました.報告する
  • 西野さん、遅ればせながらコメントありがとうございます。
    自分の感じたままに同定しないでおいて良かったです。こちらの個体はノトイスズミで良さそうですね。
    ちなみに外道はトモダチさんのノトイスズミ(投稿No.65910)はどう思われますか?
    背面がこちらの個体とは異なり灰青色で尾鰭もよりシャープに見えるのですが。

    2024.05.23 19:49 ·不具合が発生しました.報告する
※コメントの投稿はログインが必要です。
不具合が発生しました.報告する