読み込み中 . . .
中止

セイタカヒイラギ

Leiognathus equulus (Forsskål, 1775)

特徴 全長20cmほど。体高が高く、体側背部に細かい多数の暗色横帯がある。シマヒイラギに似るが、体側に黄色斑が無いことや背鰭棘が伸びないことで区別することができる。
分布 琉球列島。インド・西太平洋域。内湾浅所~河川汽水域に生息する。
生息環境 内湾浅所から汽水域にかけて生息する。
その他 シマヒイラギと区別する際、体側の横帯は不明瞭な個体もいるので、背鰭棘が伸びるか伸びないかの形質は非常に重要となってくる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

日本 沖縄県 那覇市 泊港

2016.12.30

日本 沖縄県 那覇市 泊港

2016.12.30

日本 沖縄県 港川漁港

2016.12.14

日本 沖縄県 糸満漁港

2016.05.05

フィリピン マニラ首都圏 ルソン島 マニラのフィッシュマーケット

2015.06.05

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2015.05.04

日本 沖縄県 那覇市泊高橋安里川河口

2014.03.05

フィリピン サマール島

2012.08.06

日本 鹿児島県 奄美市住用町

2012.07.17

日本 沖縄県 浦添市牧港漁港

2012.04.07

フィリピン サマール島

2010.01.04

フィリピン タクロバン市場

2008.08.26

日本 沖縄県 那覇市若狭海浜公園

2005.06.12

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する