読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

オオメカマス

Sphyraena forsteri Allen & Erdmann, 1829

形態・特徴 体側には目立った横帯はない。遊泳中、薄い縦線が出ることがある。胸鰭の後方の腋部に暗色斑がある。第1鰓弓の鰓耙は小棘をそなえたコブ状であることで、他の日本産カマス科魚類と区別可能。体長65cmになる大型種。
分布 南日本。インド・太平洋域。内湾や珊瑚礁域の浅所にすむ。
生息環境 内湾やサンゴ礁域の浅いところで大きな群れを作る。
食性 小魚や甲殻類などを捕食する。
その他 日本では琉球列島に多いが、伊豆半島などでも幼魚が見られることがある。定置網や釣りなどで漁獲され、食用になっている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

MS さんが 学名を Sphyraena forsteri Allen & Erdmann, 1829 に変更しました
2013.06.25 17:38