読み込み中 . . .
中止

シロタスキベラ

Hologymnosus doliatus (Lacepède, 1801)

形態・特徴 シロタスキベラ属の魚は、体が細長く、有孔側線鱗数は90以上。本種の雄は青っぽい色で、胸鰭付近の体側に大きな白色横帯があり、細い横線がある。雌は赤みを帯び、細い横線がある。ナメラベラによく似ているが、ナメラベラは雄でも白色横帯がないか、あってもやや後方にあり、下唇は半分以上が黒い。体長30cmを超える。
分布 小笠原、相模湾以南。~インド・西太平洋域。砂礫や岩礁域にすむ。
生息環境 岩礁域、サンゴ礁域、その周辺の砂底に生息する普通種。熱帯域に多いが、本州から九州の太平洋側でも見られる。夜間は砂に潜る。
食性 動物食性で、底生動物を捕食する。
その他 南日本太平洋側、あるいは琉球列島で磯釣り、船釣りなどで漁獲され、食用になることもある。シロタスキベラ属の魚は4種がインド・西部太平洋に分布し、日本産は3種。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません